つるの剛士、中田敦彦…共働き子育て夫婦「円満」の秘訣とは?

20161125kosodatefuufu

 働く女性が増える昨今、夫の家事や育児参加はますます求められてきています。そんな中、注目を集めるのが「イクメン」の代表とされる芸能人たち。

 例えば、つるの剛士さんはその“子煩悩”ぶりがよく知られていますが、6月に第5子となる次男が生まれた際には、1カ月の育児休暇をとって、家事と育児に専念しました。

 育休期間中のつるのさんは毎朝5時半に起床、「妻を水場に一度も立たせない」という目標のもと、みっちり家事と育児を真剣に行ったそうです。

 その育児休暇の感想は「世界が違って見えた」とか。なんでも最初の1週間は“地獄だった”そうで、なかでも「ママが築いたものを必死に“パパ仕様”に変えていく作業」に手間取ったそうです。

 その結果、育休を終えた1カ月後には体重が3キロも減ったとか。よほどてんてこ舞いだったことが伺えますね。

 オリエンタルラジオの中田敦彦さんもまた、妻の福田萌さんとの育児に奮闘する日々を送っています。そこで得た教訓は「よく働き、よく休む」ことなんだとか。つまり“働きすぎると妻に嫌われる”ということだそうです。どうやらイクメンと気張らず、適度に働き適度に休むのが、共働き子育て夫婦の円満の秘訣のようです。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング