木村拓哉 超プレミアヴィンテージは3本で750万円超えだった!

 デニムにバイク、車に時計、シューズにサーフィンほか、木村拓哉の趣味は幅広い。妻の工藤静香とは、サーフィンを通じて距離を縮めてゴールインした。あまたのキムタクファンは、木村の頭の先から足の先までをフルでトレース。同じアイテムを買い、同じ髪型にすることで自己を満足させた有名芸能人も多い。

 木村にとって、家族4人が住む御殿、愛車に続いて高値であろう所持物はデニムだろう。昔から古き良き時代のアメリカングッズが大の好物。数えきれないほど所有しているデニムでも、超プレミアなのは1942年から45年ごろに世に出た大戦モデル。木村は、その直後にあたる「LEVI’S 501XX 1946年モデル」を持っている。現在換算で、軽く300万円を超える。

「1946年のは、金具より大きいオールイエローステッチ。戦争後の『LEVI’S 501XX 1947年モデル』は、俗称・よんななモデル。復刻版でも一番人気で有名で、木村さんも所有。これが150万円。さらに、同じ型ながらも300万円の高値が付いた1本もあり、わずか3本で750万円超えの“キムタク価格”です」(ウェブマガジンのライター)

 木村は、幼い頃にアメリカのカルチャーに傾倒した。映画でジェームス・ディーンを観た時も、演技力や内容よりはいていたLeeに目が奪われた。SMAP時代は、方々でネイティブアメリカンのカルチャーが好きであることを公言した。すると、22歳の時に特番「挑戦! 木村拓哉22歳カウボーイ体験記」(フジテレビ系/95年)への出演が決まった。

 同番組は、木村がアメリカのコロラド州にあるウィーバーランチ牧場で1週間のカウボーイ生活を送る内容。当時は馬に乗れず、部族の儀式に参加、家族を大事にするカウボーイの生態に触れた。今でも忘れられないのは、ネイティブアメリカンを理解している自分をアピールするために、あえてとっておきの一張羅を着用して訪問したことだ。

「LEVI’S 501のデニム、TONY LAMAのウェスタンブーツをはいて行ったんです。すると、本物のカウボーイから『おまえ、アーバンだな』と見破られ、『オレたちがはいてるデニムを見ろよ』とリアルを見せられた。それは、外側はもちろん、内側の裁断、縫い目がLEVI’S、LEEよりも立ち上がりが少ないWranglerの製品。LEVI’Sは都会的(アーバン)だったのです」(前出・ウェブライター)

 木村はアーバンのアイコンといえる存在だが、30年ほどの前アメリカではそれが裏目に出た。所有するLEVI’S 501シリーズには、作り上げたシワに思い出も刻み込まれているようだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング