“骨まで叩かれた”山之内すずがネットの誹謗中傷を完全スルーできるようになるまで

 タレント・山之内すずが、SNSが大騒ぎとなった、歌手・星野源にまつわるデマ情報の話題で、みずからも様々な中傷に悩まされてきたことを明かしている。

 6月2日に放送された情報番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)では、星野に関する根も葉もないデマ投稿がXで拡散された騒動を取り上げ、この日の出演者が実際に経験したネットでの誹謗中傷やデマの被害例も紹介された。

 山之内は「それこそ容姿の誹謗中傷もそうですし、何か“人中(鼻と口の間の溝)が長いヤツは全員だらしない”みたいな。そういう、人中が長いっていう特徴から広げて予測して、性格とかも言われるんですよ。何それ、と思うようなこともあります」と何かと批判をしてくるアンチユーザーもいるという。

 その数の多さから、今では「もう慣れっこで、全然気にならないんですけど」とし、他に「容姿のこともそうやし、ちょっとした発言を切り取ったりとかもそうですし」と様々な中傷のパターンを挙げていた。

「山之内は2022年1月、歯科医院で治療した際に撮影したという自身の頭蓋骨のレントゲン写真をSNSで公開したところ、ファンからは頭の形やシルエットの可愛さを楽しむ反応が届きました。が、それがネット記事で報じられると、“頭蓋骨を可愛いと思ってるのが気持ち悪い”との指摘や、ナルシストだとするヤジも見られ、本人は『頭蓋骨まで叩かれてる』ことに半ば呆れた反応を見せています。また、同じ年の3月に放送された『アッコにおまかせ!』でも、恋愛リアリティ番組出演時に『毎日、知らない人から“死ね”“殺すぞ”』と物騒な書き込みがあったと告白。当時の彼女はまだ女子高生だったといい、過激なコメントを残すアカウントを閲覧すると、プロフィール画像は本人のもので、名前も本名を使った40~50代の男性が多かったと説明。これに山之内は『何で娘くらい年下の女の子にこんなこと言えるんやろ』と驚いていましたが、現在では『反応してもいいことないって気付いたんで、スルーするのが1番』だと考えるようになったといいます」(テレビ誌ライター)

 容姿や“人中”、骨に至るまで、あらゆる角度からのヤジを経験している山之内。今やどんな難癖もスルーできるほど、そのメンタルが強靭なものになったことは、きっと、今後の芸能活動を続けるうえでの大きなパワーとなるはずだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング