小じわや肌荒れ、シミ、吹き出物で困ったら「美肌のツボ」を押してみて!

20150901bihada

 毎日ちゃんとお手入れしていても、身体が疲れているとお肌もなんとなく元気がなくなってきますよね。ゆっくり集中ケアしたいけど、そんな時に限って“ケアより睡眠!”ってくらい疲れているんじゃないかしら?

 そこで、どこでも簡単にできるのが“ツボ押し”です。体中には無数のツボがありますが、その中に「美肌のツボ」のいわれている場所もあるんです。それをこれから紹介しますね。

 まずは、迎香(げいこう)。これは、小鼻の横のくぼんだ部分にあります。ここに両手の中指の腹を左右同時に当ててから、鼻の中央に向かって押します。このツボは小じわや肌荒れ、シミ、吹き出物など、お肌にとってオールマイティーに効果があるといわれています。さらにうれしいのは、鼻水や鼻づまりにも効果があるので、花粉症などのアレルギーで悩んでいる人にもおススメです。

 次に合谷(ごうこく)。手の甲の人差し指の骨を手首に向かってなぞっていくと、親指の骨と合体する部分があります。この合谷を左右交互に親指の腹で指圧しましょう。

 さらに、下唇の中央のすぐ下にある承しょう(しょうしょう)。これらのツボは肌荒れに効果があるとされています。

 ここで1つ注意。爪を長く伸ばしている人は、爪で皮膚を傷つけないようにしてください。顔の皮膚はとてもデリケートです。せっかく美肌のツボを押しているのに、傷をつけてしまっては元も子もありませんからね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング