その価値150億円超え! 久保建英が史上最高額で「アジアNo.1」プレイヤーに選出の「さらなる可能性」

 近年、ヨーロッパサッカー界で着実に頭角を現しているレアル・ソシエダ所属の日本代表MF久保建英が、晴れて“アジアNo.1”プレイヤーとなった。

 2023-24の昨シーズンは、ラ・リーガに国王杯、UEFAチャンピオンズリーグと3つの主要大会をこなし、41試合出場7ゴール5アシストという結果を残した久保。22-23シーズンに記録したシーズン9ゴールという自己ベストには及ばなかったものの、20-21シーズンのヘタフェ時代や、21-22シーズンのマジョルカ時代には、それぞれ年間1ゴールに終わっていたことを考えれば、その成長ぶりが窺える。

 すると、この23歳の若きサムライを、ついにアジアのトッププレイヤーとして評価したのが、スイスのスポーツ国際研究機関「CIES Football Observatory」が算出した統計データである。

 同機関は世界のサッカーにまつわる様々な統計を解析し、発信する中立組織で、6月12日までにアジアプレイヤーの最新市場価値を発表。各選手のキャリアにおける活躍ぶりや直近のコンディション、年齢、プレイするリーグのレベルなども加味したランキングとなっており、このトップに久保が選出されている。

「上位10人に入った日本人は計6人(久保、三笘薫、伊藤洋輝、冨安健洋、堂安律、遠藤航)と大半を占め、サムライブルーの飛躍を感じることができますが、中でも久保の市場価値はズバ抜けています。2位のパリ・サンジェルマン所属で韓国代表MFイ・ガンインが4970万ユーロ(約85億円)だったのに対し、久保は9200万ユーロ(約157億円)とおよそ倍近い価値があると算出され、これは日本人選手として史上最高額の数字です。久保の場合、2019年から参戦するスペインの地では、怪我やコンディションのムラなどもあり、いまだにシーズンを通して安定した成績を収めることができていません。昨季の7ゴールについても、うち6ゴールは昨年12月9日までに奪ったもので、シーズン後半戦はやや失速。つまり、シーズンをフルで活躍することができれば、この157億円という市場価値はさらに伸びることが予想され、来季以降の安定したパフォーマンスに期待したいですね」(スポーツライター)

 現在は、19年に契約したスペイン屈指の名門レアル・マドリードが久保の保有権を握るものの、リヴァプールやマンチェスター・ユナイテッドなど、英国方面からの関心が継続して噂されている。

 はたして“アジア最強”となった久保を射止めるクラブはどこなのか。残留の可能性も含めて、その去就に注目していきたいところである。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 218382

    【3COINS】で見つけた!夏のオシャレにオススメのグッズ3選

    『3COINS』では、オシャレに自分を演出できるグッズが数多くあります。今の季節にぴったりの、夏向けグッズや暑さ対策グッズも豊富! そこで今回は、この夏にオススメしたいオシャレなグッズたちを紹介していきましょう。■UVフ … 続きを読む 【3COINS】で見つけた!夏のオシャレにオススメのグッズ3選

  2. 218356

    【ミスタードーナツ】猛暑に最適!ドーナツを凍らせて新食感を楽しもう

    ネット上で話題になっている“ミスタードーナツのドーナツを凍らせる”というテクニック。うだるような暑さの中では、凍らせてよりひんやり、美味しくドーナツを楽しみたいものですよね。基本的に、ドーナツはどれも冷凍することができま … 続きを読む 【ミスタードーナツ】猛暑に最適!ドーナツを凍らせて新食感を楽しもう

  3. 218287

    この夏行きたいホテルの“スイーツブッフェ”2選

    この夏、食べ放題に出かけたい。しかも、「スイーツをいっぱい食べられるところに!」と考えているなら、ホテルの“スイーツブッフェ”が候補に挙がります。都内で開催されている2つの夏ブッフェを紹介しましょう。■ヒルトン東京「スイ … 続きを読む この夏行きたいホテルの“スイーツブッフェ”2選

注目キーワード

ランキング