【ブルーモーメント】舘ひろし“防災担当大臣”のセリフにシビレた!「岸田政権じゃできないだろう」の声

 山下智久主演ドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第9話が6月19日に放送され、世帯平均視聴率は6.6%だった。

 今回の物語では、これまでSDM(特別災害対策本部)を支えてきた内閣府特命担当大臣(防災担当)兼SDM対策本部長で園部肇一衆院議員(舘ひろし)が進めていた国家防災プロジェクトの工場でガス爆発事故が発生。

 園部のポストを狙う新島元樹衆院議員(伊藤英明)は、永田町に広がる“怪文書”情報をもとに、園部が工場から不正な金を“政策活動費”として得ていた可能性があるのでは、と追及する。

 そんな混乱の中、晴原柑九朗(山下)は、観測史上最強クラスの台風が東日本に近づいていることを予測。SDMは、関東一都四県の危機管理課と防災危機管理部の責任者を集め、大規模な避難計画を提案する。

 しかし、東京都の責任者・倉田英子(映美くらら)は、園部が関与するSDMが指揮を執ることに懸念を示し、提案を保留にする。

 SDMの活動にも支障をきたすことになった園部は、緊急会見を開く。そして、「私の政策活動費の詳細、これをすべて国民の皆さんの前に開示します」と言って、書類を配布する。ザワつく記者たちに園部は「公金の収支を明らかにする。当たり前のことじゃないでしょうか」と静かに答えるのだった。

「しびれましたね、園部のセリフは。多くの国民の代弁をしているようでした。ネット上でも『今の混迷する政治を意識して描いてますよね』『このような政治家が今の日本に何人いるのか…』『今の岸田政権じゃできないだろうな』などの視聴者の声が続出していて、現在の政治とリンクさせてドラマを観ていたことがわかりました」(テレビ誌ライター)

 次回は最終回。SDMがどんな活躍を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング