劣化?成長?芦田愛菜、17歳に見える顔の変化で囁かれる「中1の壁」

20170316_asajo_ashida

 ついに恐れていた日が来てしまったのか。日本中に愛された子役の芦田愛菜に「劣化」のレッテルが貼られる時が来てしまったというのだ。4月21日にUSJに新登場するアトラクションの「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」において、芦田愛菜がアグネス役の声を務めることになり、アフレコの様子が3月13日に公開された。その様子を伝える画像について、エンタメ誌のライターが語る。

「芦田といえば子供らしいパッツンの前髪がトレードマークだったはず。それが今回公開された画像では斜め分けにしており、おでこを出しています。さらに顔が成長したのか下アゴも少し出っ張っており、新中1どころから17歳でも通用しそうなルックスに成長。その外見にはもはや“子役”の要素はカケラも残っていませんね」

 口の悪いネット民からはさっそく「ついに愛菜ちゃんも劣化か‥‥」との声もあがっている。ただ、一人の若手女優として見れば十分に可愛らしく、芸能人のオーラも感じられるはず。これで劣化扱いするのは酷というものだが、ここでエンタメ誌ライターが続ける。

「芦田の場合は劣化ではなく変化、もしくは成長であることは明らか。ただ問題なのは、成長することで彼女らしさが失われてしまうことなんです。芦田が備えていた最大のアドバンテージは『子供とは思えない演技力』だったはずですが、中学生にもなれば演技の上手い若手女優は次々と現れてきます。その中で芦田がどう伍していけるのか。ファンのなかには『成長したらただの人』になることを恐れている人も少なくないことでしょう」

 芸能界には人気子役が大成できなかった例は少なくない。だからこそ芦田も名門中学に進学することで、いつでも芸能界から引退できる環境を手に入れたのかもしれなそうだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング