羽生結弦の武者人形を“人形の久月”が勢作!その理由とは?

20170402_asajo_hanyuu

 人形の久月が2017年に発表した、著名人をモデルにした五月人形が発表され、今年話題のピコ太郎と羽生結弦、横綱・稀勢の里の武者人形3体が製作されたという。

「久月によると、ただ話題や人気になったからだけではないんですよ。ピコ太郎は青森県出身、羽生は仙台市と東北出身である2人の今後の活躍に期待し、復興への原動力になるようにという思いが込められています。武者人形も『東北から世界へ発進! 期待大将』と名付けられています」(エンタメ誌記者)

 2013年から始まったこの企画、昨年は、リオ五輪での活躍の期待を込めて、日本体操男子の内村航平、白井健三が選ばれ、武者人形の名前は「金獲るぞ!期待大将」だったという。そう考えると、ピコ太郎はともかく、羽生の選考は、来年の平昌五輪へ向けての“金メダルへの期待”が込められているということなのだろう。リオ五輪で体操男子が悲願の団体金メダルを獲得したことを思うと、この選定は羽生の平昌五輪の金メダルへの幸先よいスタートであることを期待したい。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング