30代働く女子は「抜け感」&「甘え上手」がモテる!

20150930otonajoshi

 仕事もすっかり慣れ、自立した生活を送り、そこそこ遊ぶ余裕もある。そんな30代女子がつい陥りがちなのが、「一人でも生きて行けそう感」が出てしまうこと。こうなると、「別に男がいなくても大丈夫」となり、恋愛市場ではちょっと不利になることも。

 20~30代男性たちに「30代女性との恋愛」について話をしていると、聞こえてくるのはこんな声である。

「しっかりしてるけど、どこか少し抜けていて、甘え上手な女性が魅力的なんですよね」

 では、その「抜け感」と「甘え上手」とはいったいどんなモノなのか。具体的に男性たちに聞いてみた。

「仕事はバリバリ。でも買い物のときにおつりを取り忘れたり、たまにすごくくだらないダジャレを言ったりするお姉さんって、頼れるし気がラクでいいなと思います」(27歳・保険)

「仕事に一生懸命で、いろんなことにチャレンジしていて、でも失敗している姿はかわいい。失敗したときに『ヘコんでるからお酒付き合ってくれない?』と誘われたら、頼られてるのかなと思えてうれしい」(33歳・メーカー)

「だいたいのことは自分でできる印象だけど、ときどき『ゴメン!これできないから助けて!』と素直にできないことを認めて用事を頼まれるとグッときます」(32歳・メーカー)

 まずは「自分の仕事をキチンとこなす」のは大前提で、そのうえで「できないこと」や「ヘコむこと」もあると、さりげなくアピールするのがいいようだ。ただし‥‥。

「飲み過ぎたから送って~とか、寂しいから来て~というように、いかにも女っぽい甘え方をされると、重いし怖い」(29歳・IT)

 という声も多数。あくまでも「ちょっとダメなところがある」ところを見せる程度が、一番良いバランスということのようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング