ブルゾンちえみ、「アメリカドラマ好き」を気取るも底の浅さを露呈!

20170516_asajo_buruzon

 日ごろからアメリカドラマ好きを公言しているブルゾンちえみ。だがその知識が浅いレベルだったことを露呈してしまったようだ。5月11日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にてブルゾンは、人気ドラマ「ゴシップガール」の1シーンを紹介。「キャビアを一度味わった男がナマズで妥協するなんて!!」というセリフが好きだと語っていた彼女について、アメリカ在住経験のあるライターが指摘する。

「司会の宮迫博之が『キャビアはチョウザメの卵やんか、なぜナマズ本体と比べてんの?』との疑問を呈すると、ブルゾンは『そういうの追及するとよくない!』と言い放ち、『日本狭い!』と捨て台詞を吐いていました。しかしアメリカドラマ好きなら、キャビア(Caviar)とナマズ(Catfish)で韻を踏んでいることに気づくべき。そういう言葉遊びもドラマを楽しむ大事な要素ですが、ブルゾンは字幕を読むので精一杯なのかもしれません」

 アメリカドラマ好きを気取るなら、セリフに秘められた意味まで説明できてほしいもの。だがブルゾンはアメリカ人同士が交わす挨拶についても理解の浅さを表していた。前出のライターが続ける。

「彼女は若者流の挨拶として『ヘーイ!』とハイタッチした後に『プスー』という音を出し、『リズムと共に生きてるんスよ!』と説明していました。しかしこの『プスー(Psst)』とは相手の注意を惹くために出す音で、アメリカ人なら誰でも使う表現。普通は小声でささやくように発音しますが、若者たちはわざと大きな声で『おーい!』という感じで使ったりもします。その用法を理解しないでやたらに『プスー』と言ってたら、おかしな感じになりますよ」

 たしかに日本語で普通に使う「ちょっと」という呼びかけも、「ちょっと!ちょっと!」と大声で叫んだらヒナ壇芸人の決まり文句になってしまう。もしブルゾンがそこまで考えて『プスー、プスー!』と言うのであれば、それはそれで大したものかもしれないが。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング