トレエン斎藤、大久保佳代子、ヒロミ…「バカ売れ芸人」の月収がスゴい!

20170523_asajo_geinin

 いつの時代も気になるのが有名人の経済事情。売れっ子になればなるほど、いくら稼いでいるのかその懐具合を覗いてみたくなるが、そんな中、毎月の給料をテレビで告白するという、芸人特有の悪ノリに流されているのがトレンディエンジェルの斎藤司だ。お笑い事情に詳しいライターが言う。

「斎藤の場合は、2015年の“M-1グランプリ”で優勝して以降、月収を聞かれると素直に答えるというノリができあがりました。M-1特需で翌16年の1月には夢の100万円超えをはたし、4月には800万円、7月は300万円。その年のCM出演本数がトータル14本になったことで、今年1月には最高月収が1015万円になったと明かしています。リアルなM-1ドリームを手に入れました」

 斎藤のように漫才でのし上がり、その後にキャラが浸透したパターンは意外と生命力が強い。オアシズの大久保佳代子もそうだ。2010年には最高月収260万円と言っていたが、2013年には「離島の戸建ての土地を購入できる」価格と告白。1000万超えをはたしたことをニオわせた。

「大久保ほどのメディア出演がなく、かつ取り分が少ないことで有名なよしもとの平成ノブシコブシ・吉村崇でさえ、最高280万円の月収です。ちなみに月収をぶっちゃけた芸人で、過去最高額はおそらくヒロミでしょうね。およそ20年前のピーク時は、バブル期だったこともあり5000~6000万円だったとか。独立後、週10本ほどのレギュラー番組があったからだそうです」(前出・ライター)

 売れるまでは底辺の生活が続くものの、当たればデカい芸人稼業。売れた時の稼ぎっぷりはハンパじゃないが、それを長年続けられるのは一握りだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング