南野陽子が若く見られるコンプレックスを語るも「問題は性格だろ」の声

20170523_asajo_minamino

 女優の南野陽子が読売新聞のインタビューにて、年齢より若く見られがちなコンプレックスを告白した。6月には50歳を迎えるとは思えない若々しさを誇る南野には、いまでも30代の役が来ることもあるという。そんな南野に対して「問題は見た目じゃないのでは?」との声が上がってきた。南野と同世代の芸能ライターはこうつぶやく。

「同世代の芸能人に対しては『昔は可愛かったなあ』とか『あの頃は憧れた』という印象が強いもの。我々の世代なら原田知世や青田典子、ちょっと年上なら小泉今日子がそうです。しかし南野に関してはみんなが口をそろえて『でも性格がね……』って言うんですよ。今と違ってネットもなかったのに噂が広がるとは、よっぽど酷かったんじゃないかなあ」

 85年に「スケバン刑事II」(フジテレビ系)の主役でブレイクした南野。アイドルとしても計9曲が1位になるなど絶大な人気を誇っていたが、マネージャーに「誰のおかげでメシが食えてると思ってるの!?」と怒鳴り散らしたとか、大物俳優との食事会で酒を勧められると「仕事に支障が出たら責任とれますか?」と拒否したなど様々な伝説が語られている。そのせいか92年ごろから急に仕事がなくなり、「天狗になって干された」というのがもっぱらの噂だった。

「同世代の業界人は当時の悪評を知っているから南野を使いたがらない。下の世代には07年から出演していた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でおなじみだろうけど、彼らは全盛期の南野を知らないし、見た目のままで30代後半くらいの役をオファーする。結局、南野が希望するような母親役や年齢なりの役は来ないわけですね」(前出・芸能ライター)

 今では昔と違って丸くなったともいわれる南野。しかし若いころに周囲を翻弄したツケは、今でも払い続けているのかもしれない。

(金田麻有)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング