中谷美紀、仕事は「独り立ち」でも私生活は「お一人様」の悲喜こもごも?

20170530_asajo_nakatani

 今秋放送予定のWOWOW連続ドラマ「片想い」(原作・東野圭吾)では、性同一性障害の主人公を演じる、女優の中谷美紀。役作りのため、トレードマークでもあった黒髪を15cmカットし、ドラマにかける強い意気込みを感じさせた。

 その中谷の好調ぶりを、5月25日付の「日刊ゲンダイ」が報じている。中谷といえば、2015年に長年所属していた事務所を離れ、個人事務所を設立。独立によって仕事が減ることは少なくないが、中谷は独立前と変わらぬオファーを受け、「芸能界でも指折りの使いたい女優」という業界評価を得ているという。

 また、女優でありながら「社長」という立場であることから、仕事を取るために笑顔を振りまき、仕事相手への贈り物など細やかな気配りも紹介。社長業も板についてきたようだ。

 仕事では「独り立ち」がかなったが、プライベートはどうか。昨年、女性誌でウィーンフィルハーモニー管弦楽団のドイツ人ビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏との熱愛が報じられたことは記憶に新しい。記事によると、東京・西麻布の路上で密着していたとあり、アツアツぶりが伝わってくる。

 その後、続報はないが、進捗状況はどうなのか。芸能記者が話す。

「中谷は、俳優の渡部篤郎と長年交際していましたが、結婚には至りませんでした。今度こそは失敗したくないという気持ちから、結婚に対して慎重になっていると思います。ただ、交際が続いていたとしても、海を越えた遠距離恋愛。お互いに多忙であることもあり、進展させたくても、なかなか前に進まないのでは」

 仕事ではうまく独り立ちできた中谷。だが、このままいけば、私生活が「お一人様」になる可能性も否めない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング