まるでチーママ!加藤綾子の濃すぎる目元メイクは劣化隠し?

20170530_asajo_katou

 男性視聴者を魅了するフェロモンの持ち主として人気のカトパンこと加藤綾子。昨年4月末のフジテレビ退社から1年が経ち、他局への出演も果たすなどフリーアナウンサーとして大きく羽ばたこうとしているが、そんな加藤に残念な変化が訪れているという。女性誌のライターが指摘する。

「このところ彼女のメイクがやたらと濃くなってきているのです。とくに気になるのはアイメイク。もともと黒目がちな目元がさらに強調され、まるでスナックのチーママ。4月には32歳となり、お肌の曲がり角をとうに過ぎたことで、メイクで補おうとしているのかもしれませんが」

 5月28日放送の「スポーツLIFE HERO’S」(フジテレビ系)でもパンダのように濃厚な目元で登場した加藤。この日は“神スイング”で知られる21歳のグラドル・稲村亜美と共演しており、若さあふれる稲村のナチュラルな目元と比べると異様なほどの濃さが目立った。

「彼女はもともと目は細めなのですが、横に広い切れ長タイプなので目が小さいという印象はありませんでした。それが加齢により目元の肌がハリを失い、目が小さく見えるようになったのでしょう。それをカバーするためにメイクを濃くしているのかもしれませんが、目の周り全体を強いメイクで覆うとかえってアンバランスになるもの。ちゃんとポイントを押さえたメイクに変えれば、チーママ状態は脱せられるはずです」(前出・女性誌ライター)

 そんな加藤は笑うときに見せる大きな口も魅力の一つ。しかし目も口も大きいと腹話術人形みたいになりかねないので、無理に目を大きく見せようとしないほうがいいのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング