和田アキ子、斉藤由貴に「カワイイと思ってんじゃねえ!」と猛攻撃

 芸能界の“ご意見番”和田アキ子の斉藤由貴イジリが激化している。9月9日放送の「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送)で、オープニングから「こんばんにゃ」と挨拶した後、「メシがまずい」「一線は越えてません」「階段では必ず手を握ってもらいます」とハイテンション。

「こんばんにゃ」は同じ「オールナイトニッポンMUSIC10」(同)でパーソナリティーを務める斉藤由貴の冒頭の挨拶のマネ。「メシがまずい」は、キス写真が表ざたになった直後の同番組で「メシがまずい毎日を送っている斉藤由貴です」と自虐的に語ったことをおちょくったものだ。

「このところ副鼻腔炎(蓄膿症)で機嫌が悪いという和田は、『あの年で“こんばんにゃ”はないだろ!? カワイイと思っているんじゃねー!!』『私は鼻がムズムズするけど食欲はある。メシがうまい』と言いたい放題でしたね」(放送記者)

 8月3日発売の「週刊文春」で50代の医師とのW不貞疑惑が最初に報じられたとき、和田は会見直後の「いいかげんに1000回」で、「両方結婚してるんでしょ? 子供もおるのに夜、2人で映画観る? 不思議だね。何、言うてるか全然わからへんかった。ま、人の不貞なんかどうでもいいわ」とバッサリ切り捨てていた。さらに、翌日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)でも、医師が斉藤の別宅に週4回も来て、しかも鍵も預けて先に入ってもらうことを聞いて、「家族が住む家に来てもらうのが普通やろ。私もヘルニアや腰痛のために週1回、針とマッサージには行きますよ。医師が自宅に来るときは旦那がいるとき。鍵は預けられないでしょ」とまくし立ててた。

 ところがネットでは、「おまえも医師を自宅に呼んでいるじゃないか」「芸能界のご意見番って何サマのつもり?」「あんたも酔うとキス魔になるんだろ」と例によって炎上。そんなところに、降ってわいた斉藤のキス写真。ここは攻めどころとばかりに、いつも以上に口角泡を飛ばしたというわけだ。

 さらに、返す刀で「ますだおかだ」の岡田圭右夫婦の別居問題を取り上げ、事前に岡田から留守電が入っていたと自慢。「去年の夏前くらいから別居したと言っていた。別居生活が1年経つと難しいんじゃないかと思っている」とご意見番らしいコメント。

 斉藤の相手医師が不貞を認めたことで、次の「~1000回」では何が飛び出すか?

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング