2017/09/26 18:15

小池都知事「希望の党」命名理由は村上龍のパクリだった!?

 25日、東京都の小池百合子知事が都庁で記者会見を開き、次期衆院選に向けて新党「希望の党」を立ち上げ、自らが党首に就任するとともに都政を兼任することを明らかにした。この会見に噛み付いたのが、衆院議員の上西小百合氏だ。

 記者会見で小池知事は党名について、「『希望の塾』(小池氏が主宰する政経塾)を開いた際も申し上げていました」と前置きしたあと、「日本にはさまざまなものがあふれているけれども、希望がちょっと足りないんじゃないですか? 明日への希望、もっと持ちたいですね」と、命名理由を話した。その後、「今の日本に足りないものは希望。だから、『希望の党』という名前にしました」と締めくくった。

 これに対して、今や“炎上クイーン”とも称される上西氏が、同日のツイッターで「小池さん『日本にはあらゆるものがあるけれど、希望だけが足りない』ってまるまる村上龍のエッセイからパクってるじゃん。世代的にコピペが下手なのかな」と、パクリ疑惑を指摘したのだ。

 上西氏が指すのは、村上龍氏の小説「希望の国のエクソダス」の中にある「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希望だけがない」という一節だと思われる。

 同日は、小池知事の会見と同時間帯に上西氏の不出馬会見が行われており、急きょ新党立ち上げを表明した小池知事に話題をさらわれた形。このあたりも上西氏はおもしろくなかったのだろう。上西氏は記者会見で「勝てないから、負けるから」という理由で次期衆院選に出馬しないことを表明。しかし今後も政治活動を続行し、また国会に戻ってこられるよう、さまざまな活動をしていくと語った。

「小池氏は日本に希望が足りないといいますが、上西に足りないのは人望です。今後は、タレントに近い活動をすることもあると言っていましたが、信頼回復のためには表舞台にあまり出ないほう無難でしょう」(週刊誌記者)

 地道に政治活動をして、炎上地獄からのエクソダス(脱出)を目指して欲しい。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング