2017/11/03 18:14

本田真凜“カナダ杯の屈辱”に「やっぱり」の声も…巻き返しなるか

 シニアデビューとなったGPカナダ大会の女子シングルSPでミスを重ね、52.60点で12人中10位という屈辱の結果となった本田真凜選手。FSでは驚異の125.64点をあげて総合で5位となったが、スケートファンの間では「やっぱり」の声があがっているという。

「温厚な浜田美栄コーチがSP終了時点で『この結果に驚きません』と言っていましたが、なるべくしてなった結果という声が大きいですね。本田選手は8月になってから、コーチの車の中で聞いた曲に心打たれ、SPの選曲を変えたんです。今回SPで滑ったのは、9月下旬に振付けをしてもらったばかりの『ザ・ギビング』の新プログラムで、GPシリーズ初披露でした。けれどもジュニア戦とは演技時間も審判の厳しさも異なるシニアの大会のデビュー戦。それだけでも万全を期したいうえに五輪年のGPシリーズです。羽生結弦選手のように、かつて滑ったことのある曲でより完成度を追求する選手も少なくなく、どの選手もいつものシーズンに増して滑り込んで迎えるシーズン。それなのに、練習期間がわずか1カ月しかないタイミングで曲目変更をすることに、危惧する声があがっていました」(スポーツライター)

 通常、5月から6月に振付けを終え、3カ月くらいかけて試合レベルまで磨いていくものを、わずか1カ月の突貫工事。コーチは反対しなかったのだろうか。

「浜田コーチは今回、本田選手の練習不足を指摘するだけでなく『私は近所のおばちゃんでなくコーチ』など、試合後に手厳しいコメントをしています。本田選手が浜田コーチの助言に耳を傾けず、好きなようにやってきたところもあるのでしょう。浜田コーチも本田選手に反対し、無理に従わせることよりも、自分で失敗して感じることのほうが重要だと考えたのではないでしょうか。また、練習嫌いの本田選手だけに、SPの曲目変更で、短期間に集中して死にものぐるいで練習するなら、そのほうが効果的とも考えたのかもしれません」(前出・スポーツライター)

 まだシーズンは始まったばかり。今回ため息をついたファンを再び振り向かせるためにも、本田選手には大いに練習し、今度の試合ではSP、FSとも素晴らしい演技を披露してもらいたいものだ。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング