女性に多い?右と左をとっさに判断できない「左右誤認」に要注意

 車の助手席で道案内しているときに、右に曲がって欲しいところで「次の信号を左」と言ってしまい、車が左折するまで「右と伝えた」と思い込んでいた……という経験はないでしょうか?

「右と左をとっさに間違えてしまうことを『左右誤認』などと呼んでいます。病気ではないので、正式な名称はないのですが、例えば、エレベーターに乗った際、「開」と「閉」を間違えてしまったり、エスカレーターのことをエレベーターと言ってしまうこともメカニズム的には一緒です。理解はできているのに、瞬間的に判断ができずに迷ったり、間違えてしまうというわけです」(心理カウンセラー)

 一説には、左利きを右利きに矯正した人に多いとか。字を書くのは右、ボールを投げるのは左というような「使う手」が混ざってしまっている人もなりやすいらしい。

「世界的には全人口の10%ほどが、左利きとして生まれてくるそうですが、日本は『書』の文化ですし、例えばハサミなどの日用品の構造、自動改札機をタッチする位置など、左利きだと不便も多いため、幼いころに矯正されたことを覚えていないまま大人になっている人も多いのではと考えています」(前出・心理カウンセラー)

 こうした「潜在的左利き」を見分けるひとつの方法は以下。当てはまるものがあれば、本当は左利きだったのかも知れません。

●歯を磨くとき、左手のほうがやりやすい

●ホウキを持つときに左手が上になる

●栓抜きは左手のほうが開けやすい

●ラクに引き出しを左手で開け閉めできる

「男性は子供の頃からスポーツを通じて左右を判断する機会があったり、TVゲームのコントローラーで正しく左右の認識ができている一方、女性のほうがそういった機会が少ない上、鏡を見ている時間が長いことも重なり、左右誤認になりやすいともいわれています。日常生活においては、それほど困ることもないですが、前述のように車の運転中に『右、いや左!』となってしまうと事故につながる可能性もあるのでとても危険。普段から、右、左を強く意識しながら生活する習慣をつけて、とっさのときに慌てないようにすることが肝要です」(前出・心理カウンセラー)

 三時の方向は左右どっち?一瞬でも「左?」と思ってしまった人は要注意です。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング