2018/06/06 10:14

さんまを蹴落とし「好きな芸人」1位に輝いたサンドウィッチマンを襲う不吉な声

 6月4日に発売された「日経エンタテインメント!」で「好きな芸人 嫌いな芸人2018」が発表され、過去14回の調査で1位を独占していた大御所・明石家さんまがついに陥落。「一番好き」の新たな1位にサンドウィッチマンが輝き、話題を独占している。

「この交代劇は芸能界的にもビッグニュースですが、世論の声は、さんまを負かした相手がサンドウィッチマンということで、ほとんどの人が納得しているようです。それほどサンドは人気が高い。嫌味がなく、誰も傷つけずに面白いのだから、芸人としての理想系ですよね。また、出身地である東北復興に真剣に取り組んでいる姿勢も大きい。実力で1位を取ったという印象です」(エンタメ誌記者)

 ネット上のお笑いファンも「売れてもネタをずっとやり続けることの大切さを教えてくれる」「本当に全部面白い」「出てくるだけでワクワクする」「サンドウィッチマンを嫌いな人を知らない」など、手放しのホメようだ。ところが、一部からは不安の声もあるという。

「1位になるということは、次回以降はキープするか下がるしかないわけです。サンドウィッチマンの良いところは他の大物芸人のように若手を率いてリーダー面するような感じがないところ。庶民的で、粋な“脇役”というイメージもよかった。ただ、1位になったことでハードルは上がり、粗探しする人たちも出てくる。ワイドショーなどでのコメントに難癖をつける“アンチサンド派”が現れるのではないかと懸念されているのです」(前出・エンタメ誌記者)

 中には「サンドが今のままでいるために1位なんかにならなくてもよかった」というファンの声もあったが、はたして芸能界の重鎮を超えた影響が今後どんな形で出てくるのか。

 とはいえ、伊達の「僕らがさんまさん抜いたらダメでしょ」というコメントを聞くかぎり、あの2人なら心配ないような気もするが。

(山田ここ)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング