葉山奨之「モンテ・クリスト伯」より「花のち晴れ」出演が熱望されるワケ

 ドラマ「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ系)で稲森いずみ演じる留美と親子とは知らずに肉体関係を持ち利用する青年実業家・安堂完治を好演している葉山奨之。5月24日放送の第6話では、留美を陰でババアと呼んで利用しているにもかかわらず、自分の知り合いから暴行されている様子を見て、思わず暴行相手を刺してしまうというシリアスなシーンを熱演した。

「昨年7月期放送のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)で演じた接客女性のいる飲食店が大好きになってしまったことで、友人たちに嘘を重ねる高校生“マル”のキャラクターが強烈かつハマリ役だったことから、ネット上では『マルが殺人事件起こしちゃったよ』『マル、今回も嘘つきまくり』など、現在の役名や芸名で呼ばれず“マル”呼ばわりされているんです。一方で葉山は07年10月公開の映画『クローズZERO』で主演を務めた小栗旬にあこがれ中学3年生でオーディションを受け、小栗と同じ事務所の後輩となったことや、まだ高校生を演じても違和感がないことから『マルはモンテ・クリスト伯より花のち晴れに出ればよかったのに』『松潤のリアル後輩=平野紫燿と小栗旬のリアル後輩=マルが“C5”をやれば説得力もっと出たよね?』といった『花のち晴れ』(TBS系)への出演を希望する声も少なくないようです」(女性誌記者)

 かつて江口洋介がドラマ「ひとつ屋根の下」(フジテレビ系)で演じた“あんちゃん”が強烈なキャラでもありハマリ役でもあったことから、5年近く“あんちゃん”と呼ばれ続けていたように、葉山もしばらくは“マル”と呼ばれ続けるのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング