どん底の出川哲朗を“充電”させた母親と祖母のパワーワードとは?

 7月2日発売の「週刊ポスト」がお笑いタレントの出川哲朗に密着。出川を救った母親の言葉が胸を打った。

 かつては雑誌の「抱かれたくない男」ランキングで1位の常連だった出川だが、近年は空前の“出川ブーム”と言っても過言ではないほど好感度は急上昇。2017年4月から始まった初の冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)は視聴率が10%に迫る勢いで好調をキープしている。

 番組内容は出川がゲストとともに電動バイクに乗り、行く先々で充電をお願いしながら、目的地を目指す旅バラエティ。どんなときも笑顔を絶やさない出川の人柄や、旅先での心温まる交流が人気の秘密だ。

「今でこそ人気タレントの仲間入りをした出川ですが、同誌の取材では『抱かれたくない男』に選ばれたときは情けなく、申し訳なくて母親に謝ったといいます。そのとき母親は『哲ちゃん、どんな分野でも日本一に選ばれるのはすごいことだから、胸を張れ』と言ってくれたそうです。この言葉で、出川は楽になれたと言っていました」(女性誌ライター)

 出川の母親もすごいが、祖母もすごい。

「昨年『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出川が出演したとき、祖母の話をしています。出川が日本一『抱かれたくない男』に選ばれてどうですか?というテレビ局の取材に対して、祖母は『そんな女の人、こっちからお断りです!』と激昂したことを明かしていました」(前出・女性誌ライター)

 人生大逆転の陰には母親と祖母の言葉があった。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング