「グッド・ドクター」が山崎賢人の俳優人生の“試金石”と言われるワケ

 7月12日スタートのドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系)で、俳優の山崎賢人が初の医師役に挑む。山崎が演じるのは、自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える研修中の小児科医。天才的な暗記力を発揮する「サヴァン症候群」であり、その能力がドラマ中で重要な要素になることは確実だ。そんな難役が山崎にとって、今後の俳優人生を左右する大きなターニングポイントになりそうだという。テレビ誌のライターが指摘する。

「山崎は1月期のドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)ではクラブの男性従業員、そして6月公開の映画『羊と鋼の森』ではピアノの調律師と、幅の広い役を演じ分けてきました。ただその一方で、“棒演技”との指摘が絶えず、とくに後者は原作小説の読者から辛口の評価もありました。今回のドラマも、山崎の演技力が厳しく問われることになるでしょう」

 しかも、今回のドラマは13年に韓国で放送され、最高視聴率21.5%を記録した同名作品のリメイクもの。15年にはBSフジにて字幕付きで放送されており、日本のファンも多い。

「本作品で主役を務めたチュウォンは、KBS演技大賞の最優秀男優賞など4冠を獲得。現在は兵役中で、19年2月の除隊に期待が高まる人気俳優となっています。それゆえ日本リメイク版で主役を務める山崎は、否応なしにチュウォンを比較されてしまう。棒演技であれば批判されるでしょうし、逆に期待以上の演技を見せれば『オリジナルを超えた』と絶賛される可能性もあります。その意味でも山崎にとって試金石となる作品と言えるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 視聴者からは「こんな医師なら仮病でも診てもらいたい」との声もあがる山崎。それが「山崎なら棒演技でも観たい」と言われてしまわないように、奮起が期待されるところだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング