明石家さんま、中居正広との「名コンビ解消」までのヒヤヒヤ舞台裏

 お笑いタレントの明石家さんまと元SMAPの中居正広による“名コンビ解消”説が巷を騒がせているが、その元凶として挙げられるのはさんまのやりたい放題なスタイルなのかもしれない。

 さんまと中居といえば、「27時間テレビ」(フジテレビ系)の名物企画である「さんま・中居の今夜も眠れない」や、「さんま&SMAP! 美女と野獣のクリスマススペシャル」(日本テレビ系)で息の合ったトークを繰り広げ、スピーディーなさんまと緩さの中居という絶妙なバランスがお茶の間を盛り上げていた。

 しかし、“思ったことに黙ってられない”性分のさんまは、過去の生放送中に様々な「ジャニーズイジり」を敢行し、同事務所関係者をヤキモキとさせてきた背景がある。

「2005年に当時未成年だったNEWSの元メンバー、内博貴が飲酒していたことが発覚した際、『~今夜も眠れない』では、『今はジャニーズは酒はあかんねんな』『酒はあかんで、今は』などと何度も半笑いで中居を冷やかすような場面がありました。また、同年以外の放送回でも長瀬智也の熱愛に触れてみたり、中居と木村拓哉の関係性にツッコミを入れてみたりと、ジャニーズ事務所にとって中居とさんまの共演はハラハラドキドキの連続だったのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 もちろん決定打となったのは2016年放送時における、さんまの“SMAP騒動”への言及だが、遅かれ早かれ時限爆弾は発動していただろう。

「先日の音楽特番『音楽の日2018』(TBS系)でも、不仲説や共演NG説があらゆるメディアで囁かれている状況でありながら、わざわざ『中居を呼んでこい!』などと叫んでしまう辺りはもはや確信犯というべきか、究極のKYというべきか…。実際、さんまの同発言後には冷めた空気が流れ、笑いが生まれるようなムードにはなりませんでした。敢えてそういった発言をしてしまうのかは分かりませんが、これは今に始まった癖ではないですからね」(テレビ誌ライター)

 さんまはかねてより「俺も大人。言ったらあかん事と大丈夫な事の区別はできるわ」と語っているが、その区別の基準が一般的なラインからかけ離れているのかもしれない。これが“お笑い怪獣”たるゆえんなのだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング