これは旨い!「半分、青い。」の“草太のカツ丼”レシピが大評判

 永野芽郁主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。永野演じる鈴愛が間宮祥太朗演じるだめんず夫・涼次と離婚。娘を連れて岐阜の実家に帰り、そこで佐藤健演じる幼馴染の律と再会するなど、物語は終盤に向けて急展開を見せている。

「8月4日の放送では、鈴愛が実家の『つくし食堂』に戻ったところ、店の前に長蛇の列が出来ているのに驚き、『うちがこんなに流行っているなんてありえない』と思わず驚くシーンがありました」(女性誌記者)

 先週の放送では、鈴愛の弟・草太が長年勤めた卵料理店「エッグ・シェフ」を辞め、その修業を通じて編み出した“草太のカツ丼”が大ヒットした様子が放送された。

「ドラマの公式HPではカツ丼のレシピも公開されています。まず卵2個分の卵白を泡立てメレンゲを作り、半量を和風餡と和え黄身を入れてご飯にふわりとかける。そこに揚げたてのカツをのせ、残り半量のメレンゲに塩を加えトッピング。さらにその上に黄身と三つ葉をのせるという手間のかかった一品。見た目にも色鮮やかですよ」(前出・女性誌記者)

 ドラマでは、楡野家だけでなく、つくし食堂の客たちがこぞってカツ丼を食べるシーンが公開され、この“草太のカツ丼”が美味しそうと大きな話題になっている。

「ツイッターでも『草太のカツ丼美味しそう…』『「草太のカツ丼」チェーン展開してほしいよ』『草太のつくし食堂特製カツ丼作ったよ』『朝の連ドラのつくし食堂の草太のカツ丼!!気になったから作ったー!-そしてうまいw』と大評判です。さらには、『「草太のカツ丼」コンビニでタイアップとかある系?』と、商品化を希望する声まで上がりました」(エンタメ誌ライター)

“草太のカツ丼”の大ヒットで、食堂で働こうと考えていた鈴愛の目論見は外れてしまったものの、律に仕事の相談をするうちに、焼けぼっくいに火がつく2人。カツ丼とともに、ドラマの展開からも目が離せない。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング