睡眠でアンチエイジング!?若返るための「寝具」の選び方は

 睡眠は疲れを癒やすだけでなく、美と健康のためには欠かせないといわれますが、老化防止にも役立つことがわかっています。とくに、寝具を工夫することが、より睡眠のアンチエイジング効果につながると、科学的にも実証されているというのです。

 寝具メーカーである東京西川の日本睡眠科学研究所は、抗加齢医学研究の第一人者である同志社大学生命医学医科学部アンチエイジングリサーチセンターの米井嘉一教授と共同で、4層特殊立体構造マットレスによる睡眠の質への作用を検証。その結果、このマットレスによって睡眠の質が向上、成長ホルモンの分泌が促進されて、ホルモン年齢が5~6歳若返ったそうですよ。

 米井教授によると、メラトニンがアンチエイジングの鍵となっているのだとか。メラトニンが睡眠中に分泌されると、睡眠の質がよくなってぐっすり眠ることができ、心身の疲れやストレスの回復にもつながるのだといいます。さらに、メラトニンには抗酸化作用や免疫力を高める作用もあるというのですから、メラトニン分泌を高めることはとても重要といえそうですね。

 また、眠りのショップSawadaによると、快眠のために、寝具は体にストレスをかけないものを選ぶことが重要なんだとか。しかし、個人によって何がストレスになるかは異なります。一般的に、寒い・暑い・蒸れる・痛い・不自然さなど、さまざまなストレスによって睡眠は妨げられるといわれていますから、保湿性や吸透湿性、放湿性、カサ高性、軽さ、フィット性など、寝具を選ぶ際のチェックポイントは多岐に渡ることになりそうですね。

 いかがでしたか? アンチエイジングと寝具が結びついているとは、ちょっと驚きですよね。いつまでも若々しい自分でいるために、寝具選びは慎重に行いたいものですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング