新垣結衣の「けもなれ」は出来の悪いドキュメンタリーだった!?

 新垣結衣の主演ドラマが失速だ。10月31日放送の「獣になれない私たち」(TBS系)第4話が、前週から1.4ポイントダウンの視聴率6.7%に沈没。渾身のベッドシーン公開も数字には結びつかない結果となった。

 本作での新垣は仕事や恋愛に悩む女性社員を演じており、女性視聴者からの共感を得られそうなものだが、実は真逆の結果になっているという。女性誌のライターが指摘する。

「このドラマ、やたらとバーで飲んでいるシーンが多いんです。そのバーでガッキーはしょっちゅうビールをあおっているし、ガッキーに不貞を打ち明けた彼氏役の田中圭はなぜかバーに戻って飲んでいるし、松田龍平とガッキーとの出会いもそのバー。もはや『お前らにはバーしか行くところがないのか!?』と問い詰めたい気分ですね。というか、バーなどの飲み屋で男女がくっつき別れるのはリアルな世界ではよくあること。だからといって他人の飲みシーンを延々と見せられても、共感できるわけではありません」

 それと同様の状況が、新垣がパワハラ同然の叱責を受ける職場でのシーンにも表れているという。

「ガッキーを怒鳴りつける社長(九十九剣児)はいい演技をしていると思いますが、問題はそのキレっぷりがリアルすぎること。視聴者はドラマにファンタジーを求めているのに、現実さながらのパワハラシーンを見せつけられたら、こちらの方も自分の仕事を思い出して拒絶してしまいます。本作は《仕事と恋に苦しむ女性》のドキュメンタリーも同然で、出来の悪い『情熱大陸』(TBS系)を見せられているかのよう。常にツラそうなガッキーを見ているとこっちの胸までキューッとなり、苦しくなってしまうのです」(前出・女性誌ライター)

 ガッキーの演技に共感してもらうはずが、共感できないほどのリアルさがアダになっている「けもなれ」。視聴者はドラマならではの非現実感を求めているのではないだろうか。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング