小林麻耶、5万部突破の著書の中身はポエムのオンパレード!?

 11月15日に発売された元フリーアナウンサー・小林麻耶さんの著書「しなくていいがまん」の売行きが絶好調のようだ。版元のサンマーク出版のHPによると「発売たちまち5万部突破」らしい。ところが29日発売の「週刊新潮」は“どこかモヤモヤしたところが残らなくはない”とし、同書にメスを入れた。

 同誌の結論は端的だ。「そのままの自分でいい。生きてそこにいるだけでいい」「“みんなに好かれたい”をやめる」「“無理してまわりに合わせる”をやめる」「“足りないもの探し”をやめる」というポエムのオンパレードだとバッサリ。

「たとえば、結婚観にヒントをくれたのが、実写版の映画『シンデレラ』と麻耶さんは書いています。シンデレラは王子様に見つけられて幸せになったのではなく、一人でも幸せにしていたシンデレラに惹かれて現れたという見方をしています。麻耶さんの結論は、今の私は王子様がいなくても幸せになれる。結婚してもいい。でも、結婚しなくてもいい、ということでした。記事の中では、コラムニストの今井舞氏も『一読しましたが、中身の薄めな“自己啓発本”という印象を受けました』と酷評していました」(芸能記者)

 しかし麻耶さんのブログに寄せられた感想を見ると、「麻耶さんの生き方凄く参考になりますね」「緻密に描かれていて、心を打たれました!」など賞賛の声であふれていた。

「ブログの感想は、ほとんどが麻耶さんファンでひいき目に見ているところがあります。アマゾンのレビューでは『内容が薄い』『読むのに1時間かからなかった』『立ち読みで十分』などと、星1つが35%を占めていました」(前出・芸能記者)

 それでも自分が幸せであれば、麻耶さんはいいに違いない。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング