小栗旬の海外進出、田中圭は逆転ブレイク…イケメン戦線「異状アリ」

 毎年、エンタメ界を賑わせる“イケメン新星”たちが続々とエントリーされてきているが、2018年は、その流れに“異変”が生じたと言えるのかもしれない。

「依然として、イケメン俳優界は熾烈な争いとも言える状況ですが、2020年公開予定のハリウッド大作『ゴジラvsコング』を現在撮影中の小栗旬は、この作品を新たな挑戦へのステップとし、ハリウッドを視野に入れた活動をすることを宣言しました。“第2の渡辺謙”へと歩みを進めていくことが期待されています」(エンタメ誌ライター)

 また、すでにハリウッドでの映画出演を経験済みの新田真剣佑は、女性ファッション誌「ViVi」が毎年発表している「ViVi国宝級イケメンランキング 2018年上半期」で1位を獲得、11月発表の「~下半期」では4位に甘んじたが、見逃せない“逆輸入イケメン”と言えるだろう。

「真剣佑は、映画監督たちから『いま、一番仕事をしてみたい俳優』と言われる、あまりに完成された容姿とボディーを誇ります。いわゆるティーン女子向け作品から抜け出して、社会派作品の良作に恵まれれば、俳優としての評価はさらに上がることでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 さらに2018年を象徴するブレイク俳優といえば「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で一躍注目を高め、ORICON NEWS主催の「2018年ブレイク俳優ランキング」で1位に選ばれた、田中圭だろう。

「1年前のいま頃、田中圭のこの状況を予測できた人は誰がいたでしょうか。小栗旬が所属する芸能事務所『トライストーン・エンタテイメント』での序列としては“小栗の次”、永遠の二番手と言われていましたが、後輩の綾野剛、坂口健太郎に追い越され、二番手すら危うい存在になりかけていました。そんな田中は、雑誌『東京カレンダー』のインタビューで、2018年の初頭に女手一つで育ててくれた最愛の母を亡くし、『おっさんずラブを見てもらえませんでした』と明かし、多くのファンの涙を誘いました。泉下のお母さんも、この大活躍を喜んでいることでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 2019年には、どんなトピックで楽しませてくれるだろうか。何にせよ「イケメンなら大歓迎」というのが女子のホンネだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング