効果倍増!?痩せやすくなる入浴法とは?

 みなさんは入浴時、美容のための工夫を何かしていますか? 実は、入浴の方法を少し変えるだけで、美容と健康にいい影響が出ることもあるそうです。そこで、美容にいい入浴法をご紹介しましょう。

■睡眠をしっかりとるために

 精神科医の奥田弘美さんの著書「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」(扶桑社刊)によると、しっかり寝て睡眠不足状態が体から消えていくに従い、心身の疲労やストレスは解消されていき、昼間も軽やかにしっかり動けるようになって消費カロリーが上がるそう。そのためには快眠できる入浴法が大事で、入浴は寝る1時間前ぐらいに済ますのが基本だそうです。また、熱過ぎるお風呂はNG。心身を覚醒させる交感神経が刺激されてしまい、寝つきが悪くなるのだそうですよ。

■ダイエット効果のために

 医師の石原新菜さんの著書「カラダの不調が消える奇跡の『腹巻き健康法』」(PHP研究所刊)によると、42度以上の熱いお湯に浸かると、胃腸の働きが抑制されることから食欲が低下し、ダイエット効果があるそうです。ただし、入浴時間は10分程度で、長風呂には注意なんだとか。寝起きの悪い人の朝風呂にオススメのようです。

 美容や健康のために入浴がいいというのはよく聞く話ですよね。そんな入浴でも、ちょっとした工夫でさらに効果が得られるのなら、やらない手はありません。ぜひ、試してみてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング