藤田ニコル、敬語の若槻千夏に対して“終始タメ口”が非常にマズいワケ

 藤田ニコルが2月6日に放送されたバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)にVTRで登場。若槻千夏との会話シーンが物議を醸している。

 この日は「字が1週間でうまくなるか、実験」という企画にて、字が下手だという若槻が被験者として出演。「DIYをたくさんやれば字がうまくなる」という専門家の理論を若槻が一週間実践したVTRだった。

 若槻が仕事の合間にDIYに取り組む中、藤田が現れ、「何やってるの?」と、14歳年上の若槻にもいつも通りのタメ口で質問。これに対して、若槻は「これですよ、見てくださいよ」と丁寧な言葉で返答していた。

 しかし、その後も藤田は「何で(木材を)切ってるの?」「(字とDIYは)関係なくない?誰が言ってんの?」と、タメ口を貫いていた。

 このやりとりに視聴者からは「年上の若槻が敬語なのに、なんで藤田はタメ口なの」「ニコルがタメ口なのは慣れてるけど、なんか今回はイラっとしたわ」「タメ口の後輩に親切に返している若槻がやたら大人に見えるな」「藤田はとりあえず敬語使えよ!」など、批判的な声が殺到している。

「若槻もテレビに出始めた当初は、若者代表といった風情で“粗雑”な言葉遣いをしていた時期もありましたが、2015年に芸能界へ復帰してからは言葉遣いも丁寧になり、すっかり大人になった印象を受けます。2016年に放送されたバラエティ番組『ヨロシクご検討ください』(日本テレビ系)で、若槻は『芸能界でタメ口を廃止して敬語で統一するべき』といった提案をしていました。その他には『私、こんな身なりしてますけど、タメ口に厳しいんです』『タメ口が面白い、みたいな風習を1回やめませんか?』とも話していましたから、若槻自身も藤田のタメ口に対してイライラしているかもしれません」(エンタメ誌ライター)

 通常運転の藤田としては不運な結果となってしまったようだ。

(権田力也)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング