関係修復に向けて動き出した花田家と河野景子&優一親子の「明暗」

 相撲界で輝かしい足跡を残した花田家。近年は母親の紀子と長男・虎上と、次男・光司が絶遠状態となっていたが、ようやく雪解けを迎えられそうだ。

 父である元大関貴ノ花の二子山部屋に入門した当時は“若貴フィーバー”と称されるほどの人気ぶりで、兄弟の仲のよさは相撲ファンならずとも世間の注目を集めたものだった。

 2人が不仲になった原因は諸説あるが、その1つが1995年九州場所の千秋楽。この日、史上初の若貴兄弟による優勝決定戦が行われたのだ。結果は、若乃花が勝ち、横綱昇進となった。これは、それまで八百長を頑なに嫌っていた二子山親方が試合の前日、貴乃花に“負けろ”というようなニュアンスを伝えたのではないかと言われている。その意を汲んだ貴乃花だったが、それまでの教えを違えた師匠に不満があり、その気持ちを「若乃花の相撲は、基本がなっていない」と発言することで鬱憤を晴らしてしまったことが始まりのようだ。

「力士として、相撲協会の一員として戦い続けた光司ですが、そのすべてが終わった今、自らを振り返れば“独り相撲”だったことに気付いたのではないかと思います。光司が素直に頭を下げれば花田家再興は間違いないでしょうが、それをテレビ画面で公開処刑のようにしてほしくないですね」(スポーツライター)

 確かに、花田虎上、光司と母親・藤田紀子のスリーショットは、どの局も喉から手が出るほど欲しい絵面だろう。一度は破綻した花田家だが、相撲業界から離れた今、再び過去の睦まじい関係を築こうとしているのかもしれない。

 一方、光司の元妻の河野景子と息子の優一は、前途多難の様相を呈している。景子は3月5日に暴露本を出版するも世間の反応は冷ややかで、「計算高い」「あざとい」などと批判されることに。優一については何を生業としたいのかが不明で、テレビ出演するたびにバッシングが止まらない。

 花田家と河野家の明と暗が、クッキリと表れてきた。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング