今井美樹の“卑劣な嫌がらせ”を布袋の前妻が暴露し、「ベッキーよりタチ悪い」

20160219imai

 デビュー30周年という節目の昨年、9年ぶりに2回目の紅白出場を果たした今井美樹。そのリハーサルから本番の間、夫でギタリストの布袋寅泰が見守っていたことも微笑ましいエピソードとして報じられた。

 しかし、なぜかここにきて今井の周辺がざわついている。理由は、過去に今井が行った前妻への卑劣な嫌がらせが、ネット上で再び掘り起こされたからだ。

 取り沙汰されているのは、布袋の元妻でミュージシャンの山下久美子の著書「ある愛の詩」(幻冬舎)の中に書かれている記述。著書によれば、今井は当時夫婦だった布袋と山下が住んでいた家に電話をし「布袋さんまだ来ないのですが…あ、今来ましたガチャ」と電話を掛けたり、離婚届が入った封筒がポストに投函されていた、といった内容だ。

 これに対しネット上では「いや~ビックリ! 全然知らなかったです。最低な人間~。もう2度と曲を聴きたくない」「歌が大好きだったから、なんかガッカリ」「友達のふりをして近づいて虎視眈々と略奪‥‥恐ろしい」「CM降板してほしい。ベッキーよりタチ悪い」など厳しい意見が殺到した。

 しかし、今井と布袋の結婚は17年も前のこと。それがなぜ再浮上したのか?

 芸能ジャーナリストは「ベッキー騒動の余波」という。

「ネットニュースの記者がベッキー騒動を調べようと“芸能界 略奪愛”などのキーワードを入れて検索していたら、今井と布袋の過去が出てきたのでしょう。せっかく9年ぶりにCMに登場できた今井にとっては、とんだとばっちりです」

 思わぬ余波を生んだベッキー騒動。過去に不貞を働いた他の有名人たちも、今ごろ戦々恐々としているかも知れない。

(李井杏子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング