西山茉希、子供と乗った電車で遭遇した「むかつく意地悪な顔」体験談の波紋

 タレントの西山茉希が5月27日に自身のインスタグラムを更新。電車内で子供が泣き出したときに他人から声をかけられたことが“きつかった、悲しかった”と投稿して賛否を呼んでいる。

 二人の娘の母である西山。長女が“イヤイヤ絶頂期”で次女が新生児だった頃に3人で電車に乗ったところ、長女が泣き出してしまい、「まだ着かないし混んでるしどうしようかと思ってね、怒鳴りそうになったけど悪循環だからどーにもこーにも答え見つけれずにいたのね。そしたらさ、ある女性がジーってこっち見ててね、こっちに寄ってきたのね。『あなたのお子さん大丈夫?』って言われたのね」と自身の体験を投稿。

 その時の気持ちを「#きつかったなぁ #かなしかったなぁ #むかついたなぁ #しんどかったなぁ『大丈夫です。すみません』それしか言い返せなかったけどね。嫌そうな顔して、自分の子供がおかしいみたいな言い方されたことは忘れられない」と記している。

 西山は続けて、「泣いてるのも悪い そんな時期に交通機関に乗るのも悪い 乗せる親が悪い そう言われても仕方ないことだってわかってるけどね、生活するために、家に帰るために、電車で移動する日々なんだもんね。子供が嫌いな人がいたって当たり前。泣き声がうるさく思われたって当たり前」と思いを続け、「ただね、思ったんだ。『めっちゃ意地悪そうな顔してる人だなー』って。傷ついたけど 悔しかったけど 冷静になれた『意地悪な顔にならないように生きよう』って思えたから。 経験は学び 体験は肥料 それから電車にのる状態も気をつけるようになったし、私も学べたことがやっぱりあった」とした。

 その上で西山は「子供に対する感情も人それぞれ 許せるキャパが広いのも それも親である人の勝手なのかもしれない みんなが少しずつ、みんなに優しくなれればいい。そんな気がしましたとさ」とまとめている。

 この投稿に、子育て中と思われる女性を中心に共感の反応が寄せられている。しかし、その一方で「大丈夫? と声かけた女性の落ち度がわからないんだけど」「意地悪そうな顔してるって書いてる西山さんの顔も意地悪だったんじゃないかな。鏡見てみたら?」「いちいち長々と発信するようなことでもない」「声かけた女性は、子供がおかしいとは思ってないでしょ。泣いてる子供を放置してるように見える西山さんに対して大丈夫ですかと心配してるのかと」といった指摘が相次ぎ、さらに「女性の悪意のない言葉に悪意を感じたのなら、西山さんは専門医の診断を受けた方が良い」といった意見まで噴出してしまっている。

「これは、西山さんのフォロワーのママさんからの『耳鼻科の待合室で子供がぐずってしまった際、年配の人から冷たい目で見られ、耳をふさぐ仕草をされたことで、悲しい気持ちになった。日本ってこんな国だったっけ?』といった旨のコメントに対する投稿だったようです。この声に対して理解を示す形で、自身が接した心の狭い一般の女性を過剰に“悪意のある人”と表現してしまったのかもしれません。たったひとりの心無い反応をきっかけに、日本人全体の心の問題だと飛躍して、危惧してしまうほどに大きなショックを受けてしまったママさんに対する、西山さんなりの優しさだったのではないでしょうか」(女性誌ライター)

 とはいえ、この西山の投稿は「このように注意したのは自分だ」と心当たりのある女性にとって、気分のいいものとはならないだろう。子供嫌いな向きを余計に刺激しないことを祈りたい。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング