レディー・ガガ、自身の曲で過去の苦い「暴行体験」の傷を癒す

20160226gaga

 レディー・ガガは自身の楽曲「ティル・イット・ハプンズ・トゥ・ユー」で過去の暴行体験を思い出すことになったが、その反面その傷を癒す手助けになったともいう。

 アメリカの大学にはびこる婦女暴行犯罪を追ったドキュメンタリー映画「ザ・ハンティング・グラウンド」のために同曲をダイアン・ウォーレンと共に作曲したガガは、アカデミー賞歌曲賞にもノミネートされたこの曲を書いている間に19歳の時に自分自身に起きた辛い体験を思い出すことにもなったようだ。

 デッドラインのインタビューの中で彼女は、「ダイアンとこの曲を作ることで昔の嫌な記憶を思い出すことになったわ。良くなってきているのだけど、これは怪我のようなものなの。完全に治るまでにはひび割れたり、ぐちゃぐちゃになったりするものなのよ。ダイアンとじゃなければこんなこと一生しなかったと思うわ。自分自身に向き合うこともできなかったと思うし、誰かの曲を歌うことなんてなかったと思うの。私の中のやらなければならなかった大切な何かだったんだわ」と語っている。

 その一方で、ガガはアカデミー賞にノミネートされたことで重要な問題により焦点が当てられることを喜んでいるようで、「アカデミー賞はこの曲をノミネートすることでこの問題のこともノミネートしたってことなの。だから今、この問題についてメディアが取り上げることによって、みんながこの問題を口に出すことができるようになると願っているわ。もっとたくさんの人たちにこの問題を伝えることができるはずよ。だからこのノミネートはただ私とダイアンへのメッセージではなくて、この曲を聴いてくれた人や、同じような問題を経験した人たちへのメッセージなのよ」と続けた。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング