重盛さと美「鼻くそ食べていた」告白に視聴者が嗅ぎとった“魔性”

 それだけ苦労していたのであれば、美貌を駆使するのもやむなしか!?

 タレントの重盛さとみが2月9日に放送されたバラエティ番組「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)に出演。子どもの頃の貧乏エピソードについて明かしている。

 この日は昆虫食など様々な変わった食事について取り上げたが、その流れで「さと美ちゃんなんかは裕福だから。きれいな顔してるもんね」と話を振られた重盛は「私の家、すごい貧乏で。借金いっぱいあったんで…」と自分が貧しい家庭で育ったことを説明。さらに、貧乏エピソードとして「あの、恥ずかしいんですけど変なもの食べたことあります。自分の鼻くそ食べたことあります」と大胆告白したのだ。

 なんでも、鼻くそを1度食べたことを兄や姉に報告したところ、笑ってくれたため、それが嬉しくなって3回ほど鼻くそを食べたそうだ。

 ただ、このエピソードについて、重盛の“魔性ぶり”を知る視聴者からは「だからタカり癖がついちゃったわけね」「そりゃ女を使って男を貢がせるわけだわ」「結婚相手は死に物狂いで金持ちをハンティングしにいくだろうな」などと意地悪なコメントが見られている。

「過去にレギュラー出演していたバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)では、“付き合っていない男性からプレゼントを2つもらう方法“として、欲しいものが2つある時は男性に『どっちがいいかわからない』と言えば両方とも買ってもらえるというゲスなテクニックを友人に伝授していたなど、数々の腹黒エピソードをバラされていました。ジャルジャルの福徳秀介などは、飲み会の帰り際に寒いからという理由だけでセーターをしつこくおねだりされ、買わされるハメになったとか。

 また、16年放送の『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)では、“洋服代をタダで済ませる方法”として、かわいいと思ったアパレルブランドのインスタグラムにしつこいほど『いいね!』を押しまくり、ブランド側から『洋服をあげます』とメッセージが届き、事務所宛に送られてくるのを待つという狡猾な手口を紹介していました。ここまでくると、よく思いつくものだとただただ感心するばかりです(笑)」(エンタメ誌ライター)

「クギズケ!」では恋人募集中であることを明かし、条件として「一般の方で。素朴な人がいい」と話していた重盛。しかし、18年には結婚も考えていたほどの男性と破局していたそうだが、お相手は東大卒のIT社長だったとあって、一般人でも経済力があることが言わずもがなの最低条件か?

(本多ヒロシ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング