2020/03/12 07:14

着用頻度は?女性たちのストッキング最新事情

 そろそろ春。衣替えシーズンですが、ストッキングも薄手になってくる頃ですよね。とはいえ、ファッションの多様化などから、必ずしもストッキングをはくとは限らなくなっているようです。そこで、最近の女性たちはどのくらいストッキングをはいているのか調べてみました。

 グンゼが20~50代女性に対して行ったストッキング着用頻度に関するアンケート調査では、週3回以上ストッキングをはいているのは20代が最も多く22.7%、30代は20.7%、50代が17.8%となっており、40代は最も少ない16.9%でした。20代は月数回以下のほとんどはかない層が相対的に少ないことから、ストッキングの着用頻度が高いという結果となりました。

 また、ストッキングは「伝線しにくい」、「破れにくい」ことが全体的に求められていますが、若年層は「フィット性」を求める傾向があったそうです。これは、20代にとってストッキングはファッションを楽しむ要素の一つで、スタイルを重視する傾向があるのかもしれませんね。

 通販会社のフェリシモが2019年5~6月に実施した「ストッキングをはく頻度は?」のアンケート調査では、1位は「月に1回以下」で31%、2位は「お出かけのときだけ」「持っていない(はかない)」が同数で13%と、半数以上で頻度が低い結果に。

 コメント回答では、「締め付けられるのが嫌でなるべくならはきたくないが、仕事の日は仕方なくはいている」「フォーマルな行事のときだけはく」「冬だけはく」など、必要だからはくという声が多い一方で、「足がキレイでないのでごまかせる。無駄毛の始末も念入りにしなくて済んでちょっと楽」「夏場にパンツやジーンズの下にはくと、汗ではりつかなくて済む」といったメリットも挙げられていました。

 女性にとってストッキングは、ちょっとわずらわしいものなのかもしれません。若い層には主にファッション目的ではかれているようですが、年齢を追うごとにストッキング離れの傾向が出ています。そうはいっても利点もあるので、TPOやファッションの必要に応じて活用するというのがよさそうです。

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング