着用頻度は?女性たちのストッキング最新事情

 そろそろ春。衣替えシーズンですが、ストッキングも薄手になってくる頃ですよね。とはいえ、ファッションの多様化などから、必ずしもストッキングをはくとは限らなくなっているようです。そこで、最近の女性たちはどのくらいストッキングをはいているのか調べてみました。

 グンゼが20~50代女性に対して行ったストッキング着用頻度に関するアンケート調査では、週3回以上ストッキングをはいているのは20代が最も多く22.7%、30代は20.7%、50代が17.8%となっており、40代は最も少ない16.9%でした。20代は月数回以下のほとんどはかない層が相対的に少ないことから、ストッキングの着用頻度が高いという結果となりました。

 また、ストッキングは「伝線しにくい」、「破れにくい」ことが全体的に求められていますが、若年層は「フィット性」を求める傾向があったそうです。これは、20代にとってストッキングはファッションを楽しむ要素の一つで、スタイルを重視する傾向があるのかもしれませんね。

 通販会社のフェリシモが2019年5~6月に実施した「ストッキングをはく頻度は?」のアンケート調査では、1位は「月に1回以下」で31%、2位は「お出かけのときだけ」「持っていない(はかない)」が同数で13%と、半数以上で頻度が低い結果に。

 コメント回答では、「締め付けられるのが嫌でなるべくならはきたくないが、仕事の日は仕方なくはいている」「フォーマルな行事のときだけはく」「冬だけはく」など、必要だからはくという声が多い一方で、「足がキレイでないのでごまかせる。無駄毛の始末も念入りにしなくて済んでちょっと楽」「夏場にパンツやジーンズの下にはくと、汗ではりつかなくて済む」といったメリットも挙げられていました。

 女性にとってストッキングは、ちょっとわずらわしいものなのかもしれません。若い層には主にファッション目的ではかれているようですが、年齢を追うごとにストッキング離れの傾向が出ています。そうはいっても利点もあるので、TPOやファッションの必要に応じて活用するというのがよさそうです。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング