「とほう」「けいほう」女子アナが誤読して赤恥をかいた“魔の漢字”とは?

 元テレビ朝日でフリーの竹内由恵アナウンサーが、3月22日放送のバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演。局アナ時代、ありえない誤読で報道フロアを出禁になった過去を明かした。

 番組ではネット上で竹内アナが報道フロアを出禁になった噂が囁かれていることに注目。噂によると、竹内アナは定時のニュースを伝えていた際、「訃報(ふほう)」を「とほう」と読み間違えてしまったという。これが原因で報道フロアを出禁になったというのだ。

 事の真相を問われた竹内アナは「本当です」と認め、「絶対にしてはいけない間違い」と今も悔やむ。致命的な誤読で報道フロアを出禁になり、約1年間、ニュースを担当させてもらえなかった。同じ過ちを繰り返さないために竹内アナは漢字を猛勉強。漢字検定準1級に合格したという。

「実は、竹内アナ以外にも『訃報』を読み間違えた女子アナがいます。現在『Live News α』の金曜メインキャスターを務めるフジテレビの内田嶺衣奈アナです。内田アナは2014年9月1日放送のニュース番組『FNNニュース』(同局系)に出演。この日のニュースで、大相撲の元小結でタレントの龍虎さんが亡くなったことを伝える際、内田アナは『続いては“けいほう”です』と、読み間違えてしまったのです。しかし、間違いに気づかず内田アナは『大相撲……』とニュースを読み進めましたが、スタジオ内から『ふほう』と間違いを指摘する声が上がり、『失礼しました』と照れ笑い。再び神妙な顔つきに戻り、『ふほうです』と訂正しました。今回の『行列のできる法律相談所』での竹内アナの告白で、内田アナのミスを思い出す視聴者も少なくないはずです」(テレビ誌ライター)

 2人とも、もう2度と間違えないはずだ。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング