水野美紀がドラマ「M」で怪演!田中みな実も惨敗の“キワモノ度”

 4月25日放送の「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)に登場した、ニューヨークからやってきたトレーナー・天馬まゆみを演じる水野美紀に拍手が起きている。ヒロインのアユ(安斉かれん)をトップ歌手として育てるために特訓するトレーナーなのだが、見た目から発言までがぶっ飛んだキワモノ的キャラクターなのだ。

「天馬は頭にマラボーと呼ばれるカラーリングされた羽毛を冠のように載せ、かつてのヒッピーのようなパンチの利いた個性的なファッションに身を包み、ルー大柴のように会話の端々には英単語をちりばめ、感情が赴くままにエキセントリックに話すというキャラクター。水野が“怪演女優”と呼ばれるようになったきっかけを作った、2017年1月期放送のドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)で演じた森山蘭と並ぶインパクトの強いキャラでしょう。今や怪演が要求されるキワモノキャラは、水野が一手に引き受けているといっても過言ではありません。水野が喜んでキワモノを演じていることが画面から伝わってくるからこそのキャスティングと言えるでしょう」(女性誌記者)

 ネット上には「眼帯をして怪演女優ぶっている田中みな実が水野にあっけなく公開処刑された」「田中みな実はニセモノ怪演女優、水野美紀はホンモノ怪演女優」「同じドラマに怪演女優は2人もいらないので、田中さんお疲れさまでした」といった、マサ(三浦翔平)の秘書でアユに嫌がらせをする姫野礼香を演じている田中と水野を比較する声が相次いでいるが、今後も2人の怪演から目が離せない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング