2020/06/09 10:14

子どもの決断力を育むためにできること

 夕食のメニューを、こちらが選択肢を与えているのにもかかわらず、自分で決められない我が子。自分が食べたいメニューも分からないのかしら……。当時3年生のRくん。不安になったお母さんから相談をいただいたことを、今でも鮮明に覚えています。Rくんにとって「自分で決める」ということは、ハードルの高いことでした。

 夕食のメニューくらいであれば、何もせず放っておいても、成長するにつれて自分で言えるようになるでしょう。もしかしたら、本当に「どちらもよくて、どちらでもよかったから」決められなかったのかもしれません。

 しかし、進路を決める、志望校を決める、就職先を決める……いつか「あなたの人生よ。あなたの好きなように決めなさい」と、大きな決断を迫られるときがやってきます。一度決めたらなかなか元には戻れないことや、一生を左右するような決断などは、大人でも思い悩むことがありますよね。自分で決めたのだから、全うせねばという責任意識も生まれてきます。

 だからこそ、自由に、好きなように「決める」ということは勇気が必要なこと。幼児期や小学生の時期に“決めることって、難しい”と思うことは、よく考えているからこそ湧き上がってくる不安であるともいえます。

 最初に私たち大人ができることは、決断のハードルを下げてあげることではないでしょうか。例えば、今日の夕食メニュー。「僕の好きな方を言ったら僕はうれしいけれど、家族は嫌がるかもしれない。だからちょっと怖いなぁ…」と思っているかもしれません。こんな場合は、「失敗してもいいんだよ。もし選んだ方がよくなかったら、明日はもう片方を試してみようか」と、決断をこの1回きりのことにしないと伝えて上げるだけで、グッとハードルが下がります。

「じゃあ、最後はお母さんがメニューを決めるね。今日はみんなにアンケートをとって決めようかな。みんなそれぞれ好きな方を言ってみて」などと、複数人に意見を求める形式からスタートするのもいいでしょう。最終的な結果が、自分の決断だけにかかっていると感じるときのプレッシャーを、グンとやわらげることができます。

 まずは、「簡単なことは選びなさい」というスタンスではなく、「決断には勇気がいるよね」というスタンスで寄り添ってあげてください。そのうえで、少しずつ自分の意見を伝えて結論を出す経験を積ませてあげましょう。「自分で決めて、成功させた!」という経験を一つでも積むと、子どもにとってその後がよりスムーズに、楽しいものになっていくでしょう。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング