テレ朝・斎藤ちはるアナ、玉川徹氏は「たまに必要」の問題発言!

 テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが6月16日、アシスタントを務める情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(同局系)に出演。コメンテーターとしてリモート出演した同局の先輩社員・玉川徹氏に強烈なパンチを食らわせた。

 番組では新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークが普及したことについてトークを展開。通勤がなくなった分、時間を有効活用できるといったメリットがある反面、もどかしさを感じるというデメリットも報じられた。

 キャスターでフリーアナウンサーの羽鳥慎一からテレワークについて聞かれた玉川氏は「テレワークでいいですね、はい。やってみて、こんなにいいものかと思いました、私は」としみじみ。「個人的にですよ、本当に。朝、早い番組なので、1時間遅くまで起きていられるのは、僕にとってはすごくうれしいこと。今、毎日10時半くらいまで起きていますからね」と、リモート出演のメリットを熱弁した。

 これを受けて、同じくリモート出演したコメンテーターでジャーナリストの青木理氏は「会社に行っている羽鳥さんが(スタジオに)いるのによく言うよね」と皮肉交じりに発言。玉川氏はすかさず「羽鳥さん、司会だから。羽鳥さんがスタジオにいなかったら番組ではないわけですからね」と反論した。

 その後、青木氏は「僕や玉川さんみたいに“テレワークでいいんだよ”みたいな仕事は、本当は大した仕事じゃない気がしてきた」と疑問を投げかけた。すると玉川氏は「青木さん、大した仕事じゃないんだよ。もしかして、コメンテーターって、今後もずっと必要かどうか、わかんないすよ、本当に」と、自虐的な発言で返した。

 これを受けて羽鳥アナは斎藤アナに「斎藤さん、どう? コメンテーターって必要だと思う?」と質問。斎藤アナは「う~ん、たまに……」と返し、玉川氏は手を叩いて苦笑い。

「斎藤アナにとって、玉川氏はテレビ朝日の大先輩。その玉川氏がコメンテーターとして同番組にレギュラー出演しているにもかかわらず、“たまに必要”とは強心臓。逆に言えば、玉川氏は“ほとんど不必要”ということですからね」(テレビ誌ライター)

 玉川氏に対する斎藤アナの発言には、今後も注目したい。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング