テレ朝・斎藤ちはるアナ、玉川徹氏は「たまに必要」の問題発言!

 テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが6月16日、アシスタントを務める情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(同局系)に出演。コメンテーターとしてリモート出演した同局の先輩社員・玉川徹氏に強烈なパンチを食らわせた。

 番組では新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークが普及したことについてトークを展開。通勤がなくなった分、時間を有効活用できるといったメリットがある反面、もどかしさを感じるというデメリットも報じられた。

 キャスターでフリーアナウンサーの羽鳥慎一からテレワークについて聞かれた玉川氏は「テレワークでいいですね、はい。やってみて、こんなにいいものかと思いました、私は」としみじみ。「個人的にですよ、本当に。朝、早い番組なので、1時間遅くまで起きていられるのは、僕にとってはすごくうれしいこと。今、毎日10時半くらいまで起きていますからね」と、リモート出演のメリットを熱弁した。

 これを受けて、同じくリモート出演したコメンテーターでジャーナリストの青木理氏は「会社に行っている羽鳥さんが(スタジオに)いるのによく言うよね」と皮肉交じりに発言。玉川氏はすかさず「羽鳥さん、司会だから。羽鳥さんがスタジオにいなかったら番組ではないわけですからね」と反論した。

 その後、青木氏は「僕や玉川さんみたいに“テレワークでいいんだよ”みたいな仕事は、本当は大した仕事じゃない気がしてきた」と疑問を投げかけた。すると玉川氏は「青木さん、大した仕事じゃないんだよ。もしかして、コメンテーターって、今後もずっと必要かどうか、わかんないすよ、本当に」と、自虐的な発言で返した。

 これを受けて羽鳥アナは斎藤アナに「斎藤さん、どう? コメンテーターって必要だと思う?」と質問。斎藤アナは「う~ん、たまに……」と返し、玉川氏は手を叩いて苦笑い。

「斎藤アナにとって、玉川氏はテレビ朝日の大先輩。その玉川氏がコメンテーターとして同番組にレギュラー出演しているにもかかわらず、“たまに必要”とは強心臓。逆に言えば、玉川氏は“ほとんど不必要”ということですからね」(テレビ誌ライター)

 玉川氏に対する斎藤アナの発言には、今後も注目したい。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング