23億円を散財!前澤友作氏はなぜ「お金をバラマキ」たがるのか?

 実業家の前澤友作氏が6月22日に自身のツイッターアカウントを更新し、再び“お金配り”のプロジェクトを始動させる意思があることを仄かしている。

 前澤氏はこれまでのSNS上での「お金ばらまきの歴史」を振り返り、2019年1月の「お年玉で100人に100万円(1億円)」企画を皮切りにスタートした計5回に及ぶ特別企画を列挙。その総額は23億円にも上るとし、お金を配る理由としては「いろんな声が集まる。フォロワーも増える。それは起業家にとって事業作りのヒントやチャンスになる。みんなが喜ぶ事業を作ればまた儲かる。儲かったらまた配る。誰も損しない究極のエコシステム」だと説明した。

 また、「過去にはリツイートを応募条件にした時もありましたが、リツイートは人に知られて恥ずかしいという人多数なので今後はリツイートなしで大丈夫です」と応募条件に変更を加えることも示唆。23日時点で前澤氏のアカウントは692万人のフォロワーを抱えているが、700万人を超え次第、「直ちにお金配りします」と予告している。

「23億円ものポケットマネーを見ず知らずのフォロワーにばらまき続ける経済力は圧巻の一言です。しかし、企画のたびに一時的にフォロワーが急増し、それが終わるとまた急速にフォロワーが離れていく現象をみると、前澤氏本人への関心よりも、お金目的のフォロワーが一定数存在することを窺わせます。また、応募条件からリツイートを外しても、アカウントへのフォローは必須条件としていることから、やはり前澤氏の目的はフォロワー数の増加やSNSでの注目度を高めたいのかもしれません。ネットでは再三にわたって大金でフォロワーを買うようなキャンペーンを続ける前澤氏に対しは、『暇を持て余した 神々の 遊び』『金で人を買う。この人の人脈は金に集まる人だらけなんでは?』『奢らないと遊んでもらえない小学生みたい』『金で集めたフォロワーになんか価値ない』との指摘も聞こえます。一時的なフォローで100万円のチャンスに挑戦するだけのフォロワーから、本当に“事業作りのヒント”を見出すことができるのかは甚だ疑問ですが、本人が満足しているのならばそれで良いという声も多く見受けられました」(週刊誌記者)

 今後は自身も関心を寄せるテーマである、ひとり親やカップル、農業、物々交換、ペット、エネルギー、宇宙など、様々なジャンルについてツイートしていくことを告知した前澤氏。

 果たして次なる“ばらまき企画”は一体どのような内容になるのか。2020年下半期も引き続きこの男から目が離せない展開となりそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング