劇団ひとりに「舐めくさってる」とバカにされたぺこぱ・シュウペイの“芸人魂”

 お笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイと松蔭寺太勇が7月12日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系)に出演し、シュウペイの笑いへのこだわりが明らかになる一幕があった。

 コンビ同士をどこまで深く理解し合っているかを検証する「コンビ愛確かめ選手権」に登場したぺこぱ。“最近の悩みは何か”とのお題では、松蔭寺は「3行以上のセリフを覚えられない」とシュウペイの台本に関する悩みを予想したが、本人の回答は「上半身を脱ぐ仕事が嫌だ」というものだった。

 どうやらバラエティ番組で服を脱ぐよう指示されるのが嫌いなようで、「そういうので笑いを取りたくない」と豪語。芸人としてのこだわりと意地を見せつけたが、松蔭寺からは「(脱ぐ以外に)何ができるんだ、お前」との痛烈なツッコミを浴び、MCの劇団ひとりからも「舐めくさってんな」と笑われている。

「かつてはチャラい見た目のギャル男だったシュウペイは元々モデル志望で芸能界に入ったほどの“二枚目風”芸人。しかし、最近ではやや肉付きがよくなり、そういった意味でのプライドでも上半身披露はNGなのかもしれません。ネットではシュウペイの“舐めくさった”姿勢に対する批判よりも、むしろ支持する声が多く、『芸人さんの裸を見ても面白くないのでいいと思います』『芸人だからって脱がなきゃいけない訳じゃない』『すぐ脱ぐ芸人、面白いと思った事がないので構わないと思う』『彼らがやりたいのは優しいお笑いなんでしょ』と理解を寄せる反応が殆どでした。話芸やネタに自信があるのであれば、わざわざたるんだ上半身をテレビで見せる理由がありませんからね。今後は芸人の笑いの取り方もより上品にしていく必要があるのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 “ヒトを傷付けない”笑いが求められていると同時に、“ヒトを不快にさせない”笑いも令和においては必須の条件である。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング