ジャニーズ一色の「24時間テレビ」を脅かした広末涼子の歌声

「24時間ジャニーズ祭り」と言われるほど、ジャニーズ一色だった今年の「24時間テレビ」(日本テレビ系)。だが8月23日未明の深夜帯には、そんなジャニーズのタレントたちにとってなんとも不都合なシーンが映し出されたようだ。

 同時間帯には「朝まで眠れない 日テレ系伝説の映像解禁100連発~もう一度見たい24時間テレビパフォーマンス名場面~」と題して、過去42回の放送から選りすぐりの場面をまとめた企画を放送。そこで映し出された「ジャニーズパーソナリティー初登場9連発」について、芸能ライターが振り返る。

「『24時間テレビ』ではジャニーズのグループがパーソナリティーを務めるのが恒例で、各グループが初登場した場面を歌唱シーンと共に一挙大紹介するというコーナーでした。1997年(第20回)のKinKi Kidsは『硝子の少年』を熱唱し、それ以降もTOKIOが『この指とまれ!』、V6が『愛なんだ』、嵐が『SUNRISEニッポン』、KAT-TUNが『Real Face』、そしてNEWSが『weeeek』を披露。ここまでは良かったのですが、2011年(第34回)の関ジャニ∞は『宙船』を熱唱するも、どうにも音程があやふや。2014年(第37回)の『オモイダマ』も調子が外れ気味で、Hey!Say!JUMPの『明日へのYELL』やSexy Zoneの『Sexy Zone』の歌にも同様に驚きの声が続出していましたね」

 さらに、ジャニーズグループの後に放送された女性タレントの歌唱シーンで、視聴者はその落差により驚かされることになる。

「1998年(第21回)には当時18歳の広末涼子がチャリティーパーソナリティーを務め、西田ひかるとのデュエットで『Diamonds』を熱唱。この歌声が実にのびやかで、聴きごたえがあったのです。この時代はイヤーモニターがなく、決して音響が良いとは言えない日本武道館のステージでグワングワンとモニターの音が回るなかの歌唱ですから、音感が相当良くないとあれだけの歌唱はできないはず。歌のイメージはあまり強くない広末ですが、高い音程にもスコーンと合わせられる音感は、当時から代表曲『MajiでKoiする5秒前』のライブ歌唱などで発揮されていたものです」(音楽ライター)

 超貴重と銘打った映像を連発した「24時間テレビ」だが、視聴者にとっては広末の美声を実感できたことが超貴重だったのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 100375

    30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング