これならリバウンドなし!?ダイエットのモチベーションを維持する2つのコツ

 健康的で美しいボディラインを目指すなら、一時的な体重や体脂肪の減少だけでなく、その後も維持したいですよね。そのためには、長く続けられる方法を実践しなければなりません。そこで、ダイエットのモチベーションを維持し、リバウンドを防ぐためのコツを2つ紹介しましょう。

■少しの変化を記録する

「体重が0.5kg減った」「お通じがよかった」「昼食は健康的な食生活に近づけることができた」「今日はお菓子を食べなかった」など、些細な“成功”を書き留めていきましょう。少しでも“結果が出ている”“成功に向かって進んでいる”と実感できると、モチベーションを維持しやすく、新しい取り組みを習慣化しやすくなります。

 成功したことは自分自身を褒め、翌日以降のやる気をアップさせるためにオススメですが、逆に“失敗したこと”を書き留めておくのもよいでしょう。「夫と喧嘩してイライラし、シュークリームを食べてしまった」「今日は仕事が忙しくて運動ができなかった」「友人と会食したため、食事内容をコントロールできなかった」などの反省内容からは、“どんなときに習慣が崩れやすいか”という傾向をつかむことができ、改善方法を考える材料になります。

 失敗体験よりも成功体験が多い方が、前向きに受け取りやすくなります。2~3個よかった点を書き出したら1つ反省点を書くなど、よい点が多くなるように記録するのがオススメ。最初はとにかくダイエットのための新しい習慣を定着させたいという場合は、しばらくよい点だけを書くようにしてもいいですね。

■生活を変えずにできる方法から実践する

「仕事中、デスクに座っているときに姿勢を正す」「自宅で歩くときは爪先立ちで」「食事は一口50回以上噛む」など、今の生活をほとんど変えずに実践できる方法から、確実に取り入れていきましょう。毎日や毎週続けるのは厳しいハードなトレーニングでは、あきらめやすくリバウンドを招きやすくなります。小さな実践でも続けられる自信がつくと、次はより高い目標に向けた行動をとステップアップしやすいですよ。

 せっかくの決意が無駄にならないよう、ダイエットは無理のない内容・強度で取り組みたいですよね。楽しく続けられる工夫で、理想のカラダを実現してはいかがでしょうか。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング