2020/10/15 07:15

テレ東・竹崎由佳アナの“変な走り方”には実はすごい効果があった!

 テレビ東京の竹崎由佳アナウンサーが“変な走り方”を披露し、同局の須黒清華アナに指摘されるという珍事が起こった。

 ことの発端は10月9日更新のテレビ東京アナウンス部の公式ツイッター。竹崎アナは自身が出演する同日放送のバラエティ番組「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!2時間半SP」の番宣をして、ピンクのつなぎ姿でランニングポーズを取った写真を公開した。

 ところが同日、この写真に須黒アナが即座に反応。須黒アナは自身のツイッターで「手と足が一緒」と指摘。よく見ると、竹崎アナは右腕と右脚を同時に出しており、明らかにおかしな走り方。

 須黒アナの指摘に対して竹崎アナは「今気がつきました…これで走ろうとする自分がこわいです」と恐縮しきり。その後、須黒アナは「そんな竹崎が可愛すぎる」と先輩としての優しさを見せていた。

 どうやら、竹崎アナは同じ側の腕と脚を出して走るのがクセのようだ。竹崎アナの関西テレビ時代、2015年12月に配信された「産経WEST」でも、右腕と右脚を同時に出したランニングポーズを披露。記事では、16年に行われた「淀川 寛平マラソン2016」で竹崎アナが10キロ走に参戦することを紹介。同レースで竹崎アナは人生初の10キロ走にもかかわらず、1時間0分25秒と好走したようだ。

 レース本番では同じ側の腕と脚を出さなかったと思うが、この動きは日本人の古来の歩き方と共通しているという。

「“ナンバ歩き”という歩き方です。右腕と右脚、左腕と左脚をそれぞれ同時に出して歩きます。江戸時代以前では、ナンバ歩きが一般人の間で広く行われていたようです。今でこそ、ほとんど見ませんが、体幹を強化する働きもあるといわれ、健康維持のために実践している人もいるといいます」(スポーツ系ライター)

 竹崎アナもナンバ歩きのおかげで体幹が鍛えられ、10キロを完走できたのかも。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング