タワマン強盗被害の艶系女優が犯人と交わした“オトナな会話”とは?

 東京都目黒区のタワーマンションで起きた強盗事件について、被害者の艶系女優が10月28日付の東スポWebの独占取材に応じ、事件の詳細を語っている。

 事件が起きたのは26日。在宅中に宅配業者を名乗る男がエントランスのインターホンを鳴らした為、ドアを開けて待機していると、複数の男が一気に部屋に押し入ってきたという。

 男らは被害者である里見ゆりあさんを監視しつつ、部屋の中を物色。炊飯器やクーラーボックスの中まで金がないかを確認され、最終的に金庫に入れていた250万円を含む、合計600万円を奪われてしまった。

 その後、男たちは奪った金と共に車で去ったが、しばらくして神奈川県で10代の少年3人が逮捕された。その若さにも注目が集まったが、里美さんによれば、犯行中に交わされた彼女と犯人らの会話の内容から、「子供っぽいところがあった」とのことだ。

 人気艶系女優としてバラエティ番組にも出演したことがある里美さん。犯人グループの1人はそんな彼女に向けて、「里美ゆりあちゃん、見てたよ」と動画を視聴したことがあると告白。さらに現場では、里美さんの初体験に関する“きわどい質問”もあったと明かし、逆に里美さんが「あなたは“いつ”なの?」と聞くと、男は「言えない」とハニかんでいたという。

「多くのワイドショーで取り上げられる恐怖の強盗事件の裏で、里美さんと犯人らが非常にプライベートな会話をしていたことが発覚しました。里美さんは過去の雑誌のインタビューで、早熟な性体験を告白。あまりに華々しい経歴を誇っているため、犯人も思わず詳細を根掘り葉掘り聞いてみたくなったのかもしれません。ただ、被害者からすれば、状況は自分の命の危険すら脅かされている状況。そうした中で、『あなたは“いつ”なの?』などと逆質問し、オトナの話題で犯人らとコミュニケーションを図るタフさは驚異的です。ネットやSNSでもこのやり取りについて『すんごい怖くて大変だったと思うけど、もうプレイじゃん…』『普通そんな会話するかい?』『度胸ありますね』と驚く反応が出ています」(エンタメ誌ライター)

 いずれにせよ、里美さんの身に大きな危害が加えられなかったことは不幸中の幸いである。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング