2015/12/02 09:58

「一か八かで産んで何が悪い!」喜多嶋舞を擁護した関西タレントにスタジオ硬直

20151202kitajima

 関西で人気のタレントでコラムニストの遙洋子が、大沢樹生と長男の親子関係不存在裁判に関して、前妻の喜多嶋舞を擁護するコメントを繰り出した。11月28日に放送された「胸いっぱいサミット!」(関西テレビ)にて、パネラーの遙が「あたしは喜多嶋さん側に立ちたいと思います」と宣言したもの。

 これに対してパネラーの東国原英夫が、喜多嶋が酔った勢いで大沢に対し、長男が大沢の子供ではないと言い放っていたと指摘。「それは絶対言っちゃイケないでしょ?」と反論すると、遙は啖呵を切るように「言うたとしても、聞き流せや!」と放言だ。これには場が凍り付いていたが、このやりとりについてテレビ誌のライターが解説する。

「歯に衣着せない発言で人気の遙は、働く女性の味方という立場での著作も多く、今回の一件では喜多嶋側に立つのも納得です。世間の声が喜多嶋に厳しいのはむしろ好都合で、“女性の味方”という立ち位置を示すための典型的なポジショントークですね」

 その遙は、喜多嶋が本当の父親と大沢との間で揺れ動いていた結婚前の状況について、「一か八かやいうて産んだ女の何が悪い!?」と絶叫。他のパネラーたちを絶句させていた。だが、そういった絶句も含めて、各パネラーのやり取りが見事にハマっていたと、前出のテレビ誌ライターは説明する。

「すべては予定調和なんですよ。遙が一人で喜多嶋派を受けて立つ姿や、東国原との丁々発止のやり取りは、まるで吉本新喜劇のよう。喜多嶋の二股に関して、遙が『同じ日に二人ということもあるんです』とコメントし、東国原が『ダブルヘッダー!?』と反応したやり取りは、まるでコンビ漫才を見ているようでしたね」

 ともあれ、親子関係の裁判に関する同番組の結論は、VTRに出てきた「いちいち白黒なんていらんねん」という街の声だったのかもしれない。

(金田麻有)

Asa-Jo チョイス

  1. 19356

    1年経っても婚活が終わらない理由はコレだった!結婚相談所スタッフが見た「結婚できない女性」の特徴

    「結婚はそのうち」な~んて余裕をカマしていた20代。仕事も楽しく順調だったこともあり、いまやすっかり職場でも責任のある仕事を任されるキャリアウーマンにはなったものの、気がつけばアレから出会いもなく30代、40代に‥‥。ド … 続きを読む 1年経っても婚活が終わらない理由はコレだった!結婚相談所スタッフが見た「結婚できない女性」の特徴

  2. 17789

    食事制限ストレスもさよなら、芸能人も愛用する“食べ過ぎ翌日”を助ける理想的ダイエット飲料があった!!

    9月1日、アメリカのフォーブス誌が毎年恒例の「世界で最も稼いだモデル」を発表。この企画の常連で、日本でも雑誌やCMでお馴染みのミランダ・カーさんが、今年も10位にランクインしたそうです。親日家としても知られており、来日す … 続きを読む 食事制限ストレスもさよなら、芸能人も愛用する“食べ過ぎ翌日”を助ける理想的ダイエット飲料があった!!

  3. 19870

    10%オフ、送料無料……、お歳暮をお得に用意するには?

    今年もそろそろお歳暮のシーズンがやってきます。最近では若者層を中心にお歳暮を贈る習慣も薄れつつありますが、きちんとお歳暮を贈ってくる後輩や仕事先には、やっぱり好感が持てるもの。自分の評価につなげるためにも、コミュニケーシ … 続きを読む 10%オフ、送料無料……、お歳暮をお得に用意するには?

注目キーワード

ランキング