山里亮太、ワンオペ育児の大変さを実感するも母親たちから猛ツッコミのワケ

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が9月13日、火曜レギュラーをして出演しているラジオ番組「赤江珠緒たまむすび」(TBSラジオ)に生出演。「ワンオペ」育児を初体験した時の感想を語った。

 今年8月に妻で女優の蒼井優との間に第1子が誕生したばかりの山里は、「1回、俺初めて体験したの。『ワンオペ』ってやつを」と1人で育児をこなしたことを報告。蒼井が出かけなければいけない用事があったためというが、その時間はわずか2時間ほど。山里はそれでもこたえたようで「一生家で疲れたって言わないって思った」「これ(ワンオペ)を2時間の何倍もやってる人間の前で“疲れたヅラ”したら、えらいこっちゃと」と反省してみせた。

 さらに洗濯物の出し方にも触れ、「丸めた靴下伸ばさなきゃいけないとかあるけど、この作業と同時進行しながら“靴下くるん”はそりゃ大変だ」と蒼井を慮った。続けて山里は「俺も言ったことないし、怒られたこともないけど」としつつ、「『俺も外で仕事してきてるんだよ』って言ったりして揉めるっていろんなところで聞いてたからさ。(家で『疲れた』って言うのは)これはかなりの“バルス”だなって」と語った。

 しかし、ネット上では《2時間でワンオペ語られてもね》《2時間はワンオペでも子育てでもなく、子守りな》《2時間とかゴミじゃん。眠れない食べられないからワンオペスタートだよ》など母親たちからの厳しい指摘が続出した。

「山里にしてみれば、わずか2時間でも母親役は大変だということがわかったと言いたかったのでしょうが、世の母親たちからすれば『2時間程度で音を上げるな!』という気持ちだったようです。

 ほかにも山里は、これまで汚れた靴下を丸めたまま洗濯に出していたり、仕事から帰ってきたら『疲れた』と言ったりしたのを間接的に明らかにしていたため、そこも母親たちにとっては『家事・育児にあまり関わってない』と許せないポイントだったのかもしれません。ネット上では、《気付けただけまとも》《奥さんの気持ちがわかるだけで十分だよ》といった評価の声もありましたが、今は育児や家事は夫婦で分担してやることがスタンダードになりつつありますから、多くの母親たちからすれば、山里はまだまだという評価なのでしょう」(芸能記者)

 育児・家事について、山里はさらなる意識改革が必要なようだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング