お風呂の掃除をラクにする3つの工夫

 ヌメリやカビ、髪の毛など、数日放置するとアッという間に汚れがたまってしまうお風呂。頻繁に、十分なお風呂掃除の時間を作れず悩んでいませんか? 次のような工夫で、日々の掃除をラクにしましょう。

■お風呂グッズの収納場所を“浴槽”にする

 カゴ型や棚型では、椅子や桶などの大きなものは収納できないことが多いもの。このような大きなお風呂グッズを床に直置きすると、床もグッズも汚れやすくなります。そこで、浴槽の上に乗せて使用する“バスタブトレー”がオススメです。

 網状になっていて水切れがよく、伸縮するタイプを使用すれば、さまざまな大きさの浴槽で水切り場所を作ることができます。浴槽を大きな水切りとして利用し、床にモノを置かないようにすることで、お風呂グッズ一つひとつを洗う手間や、床の頑固な汚れ落としの負担を軽減させることができます。

■備え付けの“棚”を外す

 シャンプーなどを置くために設置されている棚は、隙間に水分や汚れがたまりやすく、清潔に保つには頻繁な掃除が求められます。そういった棚は外してしまうことで、掃除と無縁にするのも一つの方法です。

 棚に置くはずだったシャンプーなどは、かご型の収納ケースに入れて浴室に吊るすとよいでしょう。水がたまってしまうような受け皿がなく、水切れのよい収納ケースを使用すれば、吊るしておくだけで毎日乾燥させることができ、収納ケースのお手入れ頻度を減らすことができます。

 備え付けの棚が取り外せない場合は、シャンプーなどを置く部分に水や汚れがたまりやすいため、毎回水気を切るようにするか、棚には何も置かずに別の収納を使用しましょう。

■入浴し“ながら”小掃除をする

 汚れがひどくなってからの掃除は、時間も労力もかかります。毎日1~2分の小掃除を習慣にすると、念入りな掃除の回数を減らすことができます。入浴後、出る前に床と浴槽を磨き、排水溝のゴミを取り、壁や鏡の水分を水切りワイパーなどでサッと落としましょう。翌日にお風呂を準備する際の掃除を、手軽・または不要にすることができます。

 ただし、掃除の手軽さを重視し過ぎると、お風呂のインテリアを楽しめない場合もあります。お風呂掃除にかけたい時間や労力と、楽しみたいデザインとのバランスを考え、理想に近い方法を選んでくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング