消しゴムや教科書を食べてた?高橋ユウの貧乏トークに向けられた“疑問”

 モデルの高橋ユウが12月8日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演し、貧乏だった幼少期に消しゴムや教科書を食べていたと告白している。

 この日の番組では「金持ちvs貧乏 大激突SP」と銘打った企画が放送され、高橋は“貧乏組”の一員として出演。小さい頃には消しゴムのカスを食べていたと打ち明け、「削ると鮭フレークみたいに見えちゃうので」と説明し、香りが付いているタイプの消しゴムはさらに美味だという。

 また、高橋は「この話をすると、姉(でモデルの高橋メアリージュン)が怒っちゃうんです。同じような生活をしていたんで、もしかしたら私に言えない何かを食べていたかもしれません」ともコメントしていた。

 すると、MCの明石家さんまが“貧乏あるある”としてたびたび耳にするという「教科書食べます。国語が一番美味い」との説を取り上げ、「どういうこと? 貧乏な人はみんなそう言うねん!」と“貧乏組”のタレントらに質問。自らも経験者だという高橋はこの“貧乏あるある”について、「教科書によって紙質が違うんです。国語はちょっと分厚く和紙っぽいので、ほんのり甘いんです」と解説し、科目によって風味が変わることを熱弁している。

「消しゴムは削ると鮭フレークで、国語の教科書はほんのりと甘みを感じるなどと、かつての驚きの“食生活”を明かした高橋。バラエティ番組でのトークですから、どこまでが実際の体験談なのかは本人にしか分かりませんが、あまりの仰天エピソード故にネットからは“嘘松”の烙印を押されています。具体的には『消しゴムより駄菓子の方が安いだろ』『嘘に決まってんだろ。必死ですね』『貧乏タレント枠も供給過多になってるし、創作大変だな』とのツッコミが出ており、弟でJリーガーの高橋祐治のスクール費や食事はどのように賄っていたのかとの疑問も寄せられました。高橋家が貧しかったことはこれまでに姉妹も含めて何度も公言しており、事実なのでしょうが、消しゴムを鮭フレークの代わりに食べていたかは疑惑の目が向けられています」(テレビ誌ライター)

“盛った”エピソードでバラエティ番組での爪痕を残したい気持ちもわかるが、好奇心から子供たちが真似をしてしまうことへの配慮も見せるべきだったかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 100375

    30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング